会社にいるブラジル人がチェス好きらしく、私はチェスを指していつも頭を使っているから昨日食べたものを忘れたことがないと豪語しているものだから、私は興味本位でそれならやってみようと思い、チェスのルールといくつかの定跡を勉強して彼にチェスで勝負を挑むと、キャスリングの仕方も知らないにわかであった。

頭にきた私は彼にキャスリングの仕方やアンパッサンなどのルールを教え込んで改めてチェスを指し、私は覚えたてのキングズ・ギャンビットという戦法で彼に挑むと、ちょっとかわいそうになるくらい圧勝してしまったのである。

それ以来、私は会社にいけばそのブラジル人にチェスを教え込むことに熱中していたが、そのことについて私は直接言われていないが、課長が私の後輩に「あいつらチェスばっかりやっとるぞなぁ・・・」とぼやいていたらしく、後輩が「課長がぼやいてましたよ」と教えてくれたので今は勤務中に彼と指すのは一日2局程度にとどめている。

第一局
クイーンズギャンビット拒否

白 hawk-kanpailager(Japan)
黒 ko-mantengoku(Canada)

1.d4

フランクリン・ヤングという人が言うには、「もし目的の平面が開放されたままならば、あるいは中原またはキング翼で永久に突き止められるならば、正しい斜筋がいつも容易に確保されるように展開せよ。あるいはもし目的の平面が戦略的前線の果てでなく他の所で永久に突き止められるならば整列した鈎針編みがいつも容易に確保されるように展開せよ」ということらしい。もしかするとこの文章ではわかりにくいかもしれないので(私にはまったくわからない)同人物がまったく同じ意味のことをもう少し簡潔に述べた結論は次のようなものであった。

「白の最善の初手はe4である」

私はへそ曲がりなので初手はd4を選んだ。

1.・・・d5

黒は好所を等分に確保するために争わねばならない。黒は中原の所有を争うためd5と突き返した。

2.Nf3

キング翼ナイトを最も効果的な地点に展開した。キング翼ナイトはf3、f6の地点が最もその能力を発揮できる。

2.・・・e6

d4のポーンを補強し、キング翼ビショップの道を開けた。

3.c4

手順前後はあったが、これでクイーンズギャンビットのオーソドックスディフェンスの形にほぼ合流した。このポーンはタダだが、d×c4と相手のポーンを側面に逸らして中原の要所の支配を独占し、展開の有利を得ようとする狙いである。

3.・・・Nf6

シュタイニッツは「ギャンビットを破る最も良い方法は取ることである」と言っている。
ここでは日本男児なら取る一手だが、黒番の彼はおそらく白人で、慎重に用心して相手の狙いに容易に飛び込まない。

自然な展開でナイトを好所に配した。中原の重要な地点のうち2地点に睨みを利かせている良い手である。

4.Nc3

これも良い手である。中原、とくにd5のポーンに対する圧力を強めd×c4と取ってくれることを期待している。

4.・・・c6

d5のポーンをさらに支えた。ここではd5地点の勢力は足りているのでc5として白の中原に挑戦していく積極的な手段もあった。

5.Bg5

これはピン(釘付け)と呼ばれるチェスのテクニックで、f6のナイトは移動すると高い駒が取られるので動けなくなっている。

5.・・・Be7

ピンを外した。今度はナイトが動いてもビショップの交換で済む。また、この手でキング翼にキャスリングする道も開けた。

6.e3

チェスの格言では「序盤ではポーンより駒を動かせ」とある。この手は序盤でポーンを動かした手だが、キング翼ビショップを動かすにはどうしても必要で展開の手とみなすことができる。

6.・・・O-O

キャスリングした。一手でキングを安全な地帯に移しキング翼ルークを隅から中央に持ってきた。

7.Bd3

自陣のキング翼にキャスリングする道を開け相手のキング翼を睨む絶好の斜筋に陣取った。

7.・・・h6

キャスリングした際、キングの前にいるポーンを動かすのは多くの場合悪手となる。黒はhポーンを動かしたことでg6の地点が弱くなっている。また、この手は「序盤はポーンより駒を動かせ」というチェスの格言にも背いている。

ここでは普通にNbd7と駒を展開していけば、敵ビショップが狙っているf6地点を補強できるしc5やe5で白の中原に挑戦する際の手助けをしてくれるだろう。

8.Bh4

敵の嫌がっている斜筋を温存した。

8.・・・Nh7

とにかく白の黒枡ビショップを消したいらしい。

9.B×e7

応じる。

9.・・・Q×e7

ビショップを取りながらクイーンが最下段を離れた。とにかく駒が最下段を離れなければ強力なルークが戦場に出てこれない。

10.Qc2

盤上随一の好手である。
この一手で白の駒の展開は完了し、あとは好きなほうにキャスリングすれば全ての駒が働いている。しかも次にB×h7とナイトを取る手が生じており、先手である。

10.・・・f5

一方の黒はクイーン翼にまだ2駒が残っている。しかもh7のナイトを守るためにまたポーンを動かした。
これで黒のキング翼の弱点は決定的なものとなった。hポーンを動かしたことで弱体化したg6の地点がさらにfポーンを突いたことで完全な空所となってしまった。ポーンは戻ることができないから黒のg6地点は永久に弱いままである。

11.Ne5

中原のdポーンを橋頭堡にして好所にナイトが陣取った。次にg6に飛び込めばクイーンとルークが両当たりになりゲームが終わる。チェスではフォーク(両取り)と呼ばれるテクニックである。

11.・・・Qf6

クイーンをかわしておくしかない。

12.O-O

キャスリングしておく。これで2つのルークが好きな列に回って黒にさらなる圧力をかけることができる。黒は白のナイトにe5で大威張りされ自由な展開ができない。

12.・・・Nd7

それでも黒は展開するしかない。ナイトの交換になれば黒の窮屈な陣形もいくらか楽になる。

13.Rae1

ナイトを交換しても黒の展開を助けるだけである。
ルークを中央に展開したが、c列に回ったほうが良かったかもしれない。この戦形ではc列の支配が常に急所である。c列はいずれ素通しになる。
ともあれ「ルークは中央に出せ!」

13.・・・N×e5

中原に居座る忌々しいナイトを取り払った。

14.d×e5

取り返す。

14.・・・Qe7

黒は大事なクイーンが戦場に露出するのを嫌って逃げてしまった。e5地点には、前任者ほど適任ではないが、ポーンの楔がしっかりと残った。

15.c×d5

キング翼で一通り暴れたので中原の破壊に取りかかる。

15.・・・c×d5

これでc列が素通しになった。列の開放は一般的に展開の優る方に有利をもたらす。

16.Nb5

ナイトが動いてc列が完全に開かれ、クイーンの利きが敵陣に直射している。同時にナイトはeポーンの楔を利用してd6地点に飛び込もうとしている。

16.・・・Ng5

僻地にいたナイトがようやく役に立ちそうな場所に顔を出したが、白のナイトと比べるとその働きが違いすぎる。

17.Nd6

またしてもナイトがポーンを足場にして敵陣で威張り散らしている。黒陣に残る駒たちはいかにも窮屈そうだ。

17.・・・Bd7

ビショップはよけなくても大丈夫なのだが、ほかにたいした手も見当たらなかったようだ。

18.Qc7

破壊的な侵入である。Rc8とクイーンを追いたいところだが白のナイトが邪魔をしている。ナイトをどかしたいがクイーンで取るわけにもいかない。しかし、放っておけば白は素通しのc列を利用してルークの応援をどんどん送ってくるに違いない。

18.・・・Nf7

d6のナイトは危険なので追い払わなければならない。

19.Bb5

白は圧力を緩めてはならない。このビショップは取るとクイーンが素抜かれるので取れない。

19.・・・N×d6

目障りなナイトを盤上から消した。

20.e×d6

白ポーンが黒ポーンのバリケードをくぐり抜け6段目まで進出してきた。

20.・・・Rac8

ナイトが消えたのでいよいよルークをぶつけてきた。

21.d×e7・・・R×c7

22.e×f8=Q+・・・K×f8

この辺りは一本道に進む。

23.B×d7・・・R×d7

黒はビショップを取り返すが、戦力差が開いてしまった。

24.Rc1

やはりc列の支配が急所である。素通し列に置いたときルークはもっとも威力を発揮する。黒はもうほとんど指す手がない。

24.・・・b6

25.Rc8+・・・Kf7

26.Rfc1・・・Kg6

27.R1c7・・・Rd6

28.R×a7・・・e5

29.Rac7・・・d4

30.Rc6

ピンの形になり、これで黒の駒はなくなった。

30.・・・R×c6

31.R×c6+・・・Kh5

32.e×d4・・・e×d4

33.R×b6

これでaポーンのプロモーションが約束された。

33.・・・投了

黒はd列の孤立パスポーンを守ることができない。

Da001189

| | コメント (3) | トラックバック (0)

男の話

家から南へ100メートルほど行ったところに川が流れていて、高橋川という。高橋川の回りは昔は沼地のようになっていたらしく(今は住宅団地になっている)、たくさんのメダカが湧くように生息していた。

私の親父が子供の頃は、毎日沼に行って飽きるまでメダカをとりまくって、捨てて、また次の日には沼にメダカをとりに行った。
その日も親父は飽きもせず沼でメダカをとりまくっていて、ふと高橋川のほうを見ると、どこかのジジイがハゲ散らかしながら見たこともないような巨大などじょうを捕らえた瞬間だった。

(でっけぇどじょうだ!)

親父は面白がってジジイのところに見に行くと、それはうなぎであると知った。

「おい、坊。そのメダカをくれたら、このうなぎと交換してやる」

「そのうなぎをくれるのか!?」

どうせ捨てるメダカである。親父は二つ返事で交換に応じた。
ジジイはメダカを手に入れると、「メダカは目にいい」と言って、その場でメダカをつるりと飲み込んで食ってしまった。

うなぎを手に入れた親父は大喜びで家に帰ったが、家の者が誰もうなぎを調理する方法を知らず、やむなく親父はうなぎを川に捨てた。

20代の頃の親父は何をしていただろうか。

http://kokosuunen.dyndns.org/vote/kifuplayer/kifs/0053.html

# ----  Kifu for Windows V6.24 棋譜ファイル  ----
開始日時:2010/07/27 18:11:12
棋戦:レーティング対局室
手合割:平手  
先手:ko-mantengoku
後手:hawk-kanpailager
手数----指手---------消費時間--
   1 7六歩(77)   ( 0:04/00:00:04)
   2 3四歩(33)   ( 0:01/00:00:01)
   3 2六歩(27)   ( 0:06/00:00:10)
   4 5四歩(53)   ( 0:01/00:00:02)
   5 2五歩(26)   ( 0:10/00:00:20)
   6 5二飛(82)   ( 0:03/00:00:05)

20代の頃の親父は、女の尻でも追っかけていたのかもしれない。

20代後半の私は普段は野郎の玉を追っかけるゲームに熱中していて、給料が入ると隣県に女を買いにゆく。

片山津の個室浴場に行くと、そこには女がいて、その女に体を洗ってもらうのだ。

私は体を洗ってもらっているうちにその女と恋仲になり、男女の事をしているうちに私の将棋の力は瞬く間に萎んでしまった。

一時1100ほどあった将棋倶楽部24での私のレーティングはついに800を切るところまで落ちてしまったのである。

ぶるべ「それは落ちすぎじゃん。お前の脳クソが十字飛車貰い過ぎるからじゃん。お前と同種だと思うと恥ずかしくなってくるじゃん。人間やめたいじゃん。お前はうんこにたかる蝿だ」

ホーク「いや、さ・・・、び、ビ、ビール飲みながらやってたからだよ。すぐ取り返せるよ、大丈夫だよ・・・」

   7 5八金右(49)   ( 0:08/00:00:28)
   8 5五歩(54)   ( 0:02/00:00:07)
   9 2四歩(25)   ( 0:05/00:00:33)
  10 同 歩(23)   ( 0:02/00:00:09)
  11 同 飛(28)   ( 0:02/00:00:35)

先手は▲5八金右としてきた。後手の私は、男に生まれた以上は△5五歩と突っ張っていくしかない。

▲2四歩の飛車先突破が見えているが・・・

  12 5六歩(55)   ( 0:01/00:00:10)
  13 同 歩(57)   ( 0:06/00:00:41)
  14 8八角成(22) ( 0:03/00:00:13)
  15 同 銀(79)   ( 0:04/00:00:45)
  16 3三角打     ( 0:02/00:00:15)
  17 2一飛成(24) ( 0:10/00:00:55)
  18 8八角成(33) ( 0:03/00:00:18)

▲2四同飛に対して、3二金と角頭を守っておく手も考えられるが、私は男に生まれた以上は△5六歩と突っ張っていくしか法がない。

先手は5七歩成は許せないので▲同歩と応じるが、角交換から△3三角で飛銀両取りがかかる。
▲2一飛成、△8八角成と進んで銀桂交換になり、一応は後手の駒得で良さそうだが先手も飛車を成りこんでいるのでそう簡単な話ではない。

  19 5五桂打     ( 0:12/00:01:07)
  20 6二玉(51)   ( 0:03/00:00:21)
  21 1一龍(21)   ( 0:06/00:01:13)
  22 9九馬(88)   ( 0:05/00:00:26)

▲5五桂は今となっては誰もが知る定跡だが、油断のならない手。

桂先の銀定跡なりで5四銀と打つのが手堅く思えるが、▲3三角、△6二玉、▲6三桂成(王手)、△同銀、▲8八角成とお馬さんを抜かれて恋仲になる。▲3三角のところで△4二銀と受けても▲6三桂成らずが王手になり、やはり恋仲になる。

先手は▲1一龍と香車を拾っておく。香車を取れるのも5五桂で馬筋を止めた効果だ。後手も△9九馬として香を拾っておく。

  23 3三角打     ( 0:07/00:01:20)
  24 4四銀打     ( 0:06/00:00:32)
  25 同 角成(33) ( 0:04/00:01:24)
  26 同 歩(43)   ( 0:02/00:00:34)
  27 6六香打     ( 0:05/00:01:29)
  28 7二銀(71)   ( 0:11/00:00:45)

▲3三角と執拗に角を抜く筋を狙ってくる。

8九馬と素抜きを避けながら駒得しておく順が写るが、▲4三桂成、△5六飛、▲5七香、△7六飛、▲5一香成で恋仲になる。△同金右には▲3一龍と切る手がある。

恋仲になってはまずいので△4四銀と打ち先手で受ける。

これに先手は▲同角成と切ってしまう。△同歩と取らせた形はのちに▲1三龍と引いたときに龍の利きが6筋に届き、桂・香・龍で6筋から殺到する狙いを秘めている。

  29 8二銀打     ( 0:05/00:01:34)
  30 2七角打     ( 0:14/00:00:59)
  31 9一銀成(82) ( 0:31/00:02:05)
  32 5三香打     ( 0:07/00:01:06)
  33 8一成銀(91) ( 0:06/00:02:11)
  34 5五香(53)   ( 0:05/00:01:11)
  35 同 歩(56)   ( 0:09/00:02:20)

先手はすぐに攻める手はないので▲8二銀から桂香を拾いにいく。狙いは前述の通り。

後手は△2七角~△5三香と先手の狙いに備えながら反撃の機を窺う。

  36 8一銀(72)   ( 0:05/00:01:16)
  37 6五香打     ( 0:17/00:02:37)
  38 7一玉(62)   ( 0:04/00:01:20)
  39 6三香成(65) ( 0:06/00:02:43)
  40 6六馬(99)   ( 0:04/00:01:24)
  41 5二成香(63) ( 0:10/00:02:53)
  42 同 金右(61)   ( 0:02/00:01:26)
  43 6六歩(67)   ( 0:10/00:03:03)
  44 5六香打     ( 0:12/00:01:38)
  45 5七香打     ( 0:26/00:03:29)

▲6三香成に△6六馬がすごい手で、同歩なら6三角成とお馬さんを引き付けて恋仲になる。

▲5二成香に△3九馬と銀を取って勝てればいいが、▲6一成香、△8二玉、▲3一龍、△同金、▲7一銀、△9一玉、▲9二香、△同玉、▲8二飛で本番行為である。

45手目、▲5七香までは王将戦第6局▲羽生‐△久保戦とまったく同一の進行である。将棋は定跡を勉強すれば誰でも久保棋王になれるのである。

ここまで、久保棋王と同一の手順を踏んでいる私は負ける気がしなかったが、相手が羽生と同じ手順を踏んでいると思うと怖くなった。

  46 同 香成(56) ( 0:46/00:02:24)
  47 同 金(58)   ( 0:23/00:03:52)
  48 5六歩打     ( 0:05/00:02:29)
  49 同 金(57)   ( 0:37/00:04:29)
  50 6四桂打     ( 0:11/00:02:40)

ここで、私の方から変化した。王将戦では久保棋王は4五桂と打ったが、△5七香成、▲同金、△5六歩と叩き、▲同金なら△6四桂で後手が良いと将棋世界5月号に書いてあったからである。

  51 6五金(56)   ( 0:31/00:05:00)
  52 5六香打     ( 2:29/00:05:09)
  53 5八香打     ( 0:18/00:05:18)
  54 6七香打     ( 2:39/00:07:48)
  55 6八桂打     ( 2:01/00:07:19)
  56 7六桂(64)   ( 1:03/00:08:51)
  57 2三飛打     ( 0:50/00:08:09)
  58 6八桂成(76) ( 3:06/00:11:57)
  59 同 金(69)   ( 0:16/00:08:25)
  60 同 香成(67) ( 0:40/00:12:37)
  61 同 玉(59)   ( 0:06/00:08:31)
  62 5八香成(56) ( 1:23/00:14:00)
  63 同 玉(68)   ( 0:08/00:08:39)

将棋世界に書いてあった変化が実現すると、私はわからなくなった。

なぜなら、将棋世界5月号は△6四桂で後手良しと結論し、その後の変化を示さなかったからである。

わからなくなった私は桂や香など安い駒でセコセコ攻めていると先手に桂や香でボチボチ受けられてなにもわからなくなった。

  64 4九銀打     ( 1:30/00:15:30)
  65 6八玉(58)   ( 0:38/00:09:17)
  66 4五角成(27) ( 0:20/00:15:50)
  67 6七香打     ( 1:06/00:10:23)
  68 6三香打     ( 0:57/00:16:47)
  69 6四香打     ( 0:16/00:10:39)
  70 同 香(63)   ( 0:20/00:17:07)
  71 同 金(65)   ( 0:05/00:10:44)
  72 7五桂打     ( 0:24/00:17:31)
  73 7九桂打     ( 0:51/00:11:35)
  74 6二香打     ( 0:58/00:18:29)
  75 7三飛成(23) ( 0:13/00:11:48)

△4五角成くらいで寄るだろうといいかげんに考えていると▲6七香と受けられてなにもわからない。

▲7三飛成で恋仲になった。

  76 7二金打     ( 0:56/00:19:25)
  77 7五龍(73)   ( 0:05/00:11:53)
  78 6四香(62)   ( 0:03/00:19:28)
  79 7三歩打     ( 1:27/00:13:20)
  80 6二金(72)   ( 0:09/00:19:37)
  81 5四桂打     ( 0:15/00:13:35)
  82 7四歩打     ( 0:10/00:19:47)
  83 6二桂成(54) ( 0:09/00:13:44)
  84 同 金(52)   ( 0:03/00:19:50)
  85 6四龍(75)   ( 0:23/00:14:07)
  86 6三金(62)   ( 0:19/00:20:09)
  87 7二金打     ( 1:13/00:15:20)
  88 同 銀(81)   ( 0:04/00:20:13)
  89 同 歩成(73) ( 0:02/00:15:22)
  90 同 玉(71)   ( 0:01/00:20:14)
  91 7三歩打     ( 0:06/00:15:28)
  92 同 金(63)   ( 0:59/00:21:13)
  93 6一銀打     ( 0:29/00:15:57)
  94 8二玉(72)   ( 0:07/00:21:20)
  95 7一角打     ( 0:06/00:16:03)
  96 9二玉(82)   ( 0:19/00:21:39)
  97 7三龍(64)   ( 0:05/00:16:08)
  98 投了         ( 0:00/00:21:39)
まで97手で先手の勝ち

なお、王将戦は△4五桂と打った久保が羽生を破り、王将位を奪取している。

1218_eisei

| | コメント (30) | トラックバック (0)

りんごぶるべ

しりこだまさんは怒っていた。

彼女の夫は妻には年に一回しか手をつけないでいるくせに、休みになると妻のことなどほったらかしで、どこか、ススキノかどこかのわけのわからないお店に行ってそこにいる女にわけのわからないことをしているのである。
彼女はそんな夫に愛想を尽かしネットで若い男の子を集めて遊んでいるのだが、遊んでいるうちに、どうも男というのはそういう風な野郎ばかりであるということがわかってきた。

彼らは金を、なにか、うんこでも流すようにして吉祥寺で1万円、片山津で2万円、金津園で3万円、5万円、神奈川県の職員は県民の血税を着服して6万1千円使ってしまうのである。月に3回使ってしまうのである。

(男はみんな頭くるくるパーやで。ハゲればいい)

こうじ君にいたっては、もはや残された時間の少ない20代後半の乙女を捕まえて、ホテル代を折半して払わせたあげく涎球をくわえさせてその女のクリ

(あいつはもうダメやな、女の敵やな。うんこが超固くなって腸内で突き刺さって死ねばいい)

さて、りんごちゃんと通じた私は、出会い方がアレなのでちょっとアレだが、これも縁だろうと思い彼女に無断でりんごちゃんねるをリンクしてしまったわけだが、それ以来22世紀君が「りんごちゃんまた香港に行きましたよ」とか「りんごちゃん帰ってきましたよ」「りんごちゃんは今沖縄にいます」とかりんごちゃんの動向を逐一報告してくださるのである。
私はりんごちゃんは好きだが彼女の私生活を特別に詮索しようとする気もなく、その都度「おお。そうかー」「おお、そうかー」と答えている。

その日、スカイプを起動するとぶるべー君が声をかけてくだすった。

ぶるべ「りんごちゃんの出勤日を教えてくれ。いや、別にオレが行くわけじゃなかとよ」

ホーク「お前やるつもりでいやがるな」

盤面http://kokosuunen.dyndns.org/vote/kifuplayer/kifs/0052.html

# ----  Kifu for Windows V6.24 棋譜ファイル  ----
開始日時:2010/06/27 14:46:49
棋戦:レーティング対局室
手合割:平手  
先手:bluevelvet
後手:hawk-kanpailager
手数----指手---------消費時間--
   1 7六歩(77)   ( 0:06/00:00:06)
   2 3四歩(33)   ( 0:06/00:00:06)
   3 2六歩(27)   ( 0:09/00:00:15)
   4 8四歩(83)   ( 0:01/00:00:07)

ぶるべ「いや別に好きじゃないよ!」

ホーク「オレに勝ったら、りんごちゃんねるのシークレット記事を解禁するパスワードを教えてやるよ」

4手目まで進み、ここまで進めば戦形は横歩取りと決まったようなもの。数ある戦形のなかでもっとも激しい変化に突入しようとしている。

   5 6六歩(67)   ( 0:14/00:00:29)
   6 8五歩(84)   ( 0:37/00:00:44)
   7 7七角(88)   ( 0:03/00:00:32)
   8 6二銀(71)   ( 0:13/00:00:57)
   9 7八銀(79)   ( 0:17/00:00:49)
  10 3二金(41)   ( 0:27/00:01:24)
  11 6七銀(78)   ( 0:13/00:01:02)
  12 4二銀(31)   ( 0:06/00:01:30)
  13 3八銀(39)   ( 0:25/00:01:27)
  14 4一玉(51)   ( 0:54/00:02:24)

ところが、ぶるべー君は▲6六歩と角道を止め、私の方がやや造詣が深いと思われる横歩取りの変化を避けたのである。
キレてるときのぶるべー君ならチョン・テセになってまだクロスが上がってないのに横歩取りの変化に飛び込んでいき、相手の技を真っ向から受け止めて力で押し返してしまうか、あるいは、技をかけられて負かされてこれを養分にして膨らんでしまうはずである。

(・・・らしくねぇな、女のことを考えていやがる)

  15 2七銀(38)   ( 0:18/00:01:45)
  16 6四歩(63)   ( 1:02/00:03:26)
  17 7八金(69)   ( 0:55/00:02:40)
  18 7四歩(73)   ( 1:09/00:04:35)
  19 2五歩(26)   ( 0:40/00:03:20)
  20 7三銀(62)   ( 0:50/00:05:25)

▲2七銀になにかBOU☆GINの魂のようなものは残しているように思えた。女のことを考えてBOK☆KIしているのかもしれなかった。

私はグイと△7三銀と上がり、もとよりBOU☆GINで先攻する胆でいる。

  21 3六銀(27)   ( 0:33/00:03:53)
  22 3三銀(42)   ( 0:03/00:05:28)
  23 5六歩(57)   ( 0:32/00:04:25)
  24 1四歩(13)   ( 0:30/00:05:58)
  25 4六歩(47)   ( 0:39/00:05:04)
  26 8四銀(73)   ( 1:29/00:07:27)
  27 4五歩(46)   ( 0:33/00:05:37)

ぶるべー君が玉と金の上の歩を伸ばしていくと、なにやら卑猥な形になった。

  28 1三角(22)   ( 1:01/00:08:28)
  29 6八角(77)   ( 0:56/00:06:33)
  30 同 角成(13) ( 0:31/00:08:59)
  31 同 玉(59)   ( 0:14/00:06:47)
  32 7五歩(74)   ( 0:04/00:09:03)
  33 4四歩(45)   ( 0:36/00:07:23)
  34 同 歩(43)   ( 0:02/00:09:05)

角交換になったが後手は壁形が解消したので気持ちがいい。

先手は玉がスースーして気持ち悪い形になっている。ぶるべー君は女のことを考えているので顔もニヤニヤしていて気持ちが悪い。

  35 2四歩(25)   ( 0:38/00:08:01)
  36 同 歩(23)   ( 0:06/00:09:11)
  37 7五歩(76)   ( 0:13/00:08:14)
  38 同 銀(84)   ( 0:42/00:09:53)
  39 2五歩打     ( 0:42/00:08:56)
  40 同 歩(24)   ( 0:18/00:10:11)
  41 同 飛(28)   ( 0:15/00:09:11)

私は△7五銀と力強くBOU☆GINを繰り出していき早くも気合勝ちである。

ぶるべー君は▲2五歩の継ぎ歩攻めで同歩、同銀とBOU☆GINを繰り出して対抗してくるものと思っていたら▲同飛で手筋の十字飛車をもろに喰らってしまいキュウリである。私は投了しようと考えたが・・・

ぶるべ「基本手筋やぞ、まともに喰らっとるやん。お前の脳ミソはクソじゃん。脳クソじゃん。恥ずかしいよオレは。お前と同種だと思うと恥ずかしくなってくる。人間やめたい」

ホーク「い、いや、気付いてたよこのくらい。大丈夫だよ・・・」

  42 2四角打     ( 0:19/00:10:30)
  43 5八玉(68)   ( 0:55/00:10:06)
  44 8四銀(75)   ( 0:56/00:11:26)
  45 6三角打     ( 0:42/00:10:48)
  46 3一玉(41)   ( 0:09/00:11:35)
  47 4七銀(36)   ( 0:53/00:11:41)

ここで△2四角と王手に打つ返し技があったのはラッキーだった。

先手はかわすしかないが、後手もBOU☆GINを退却しておいて致命的な駒損は免れた。角は打たされたがまだ投了するような局面ではない。

  48 2八歩打     ( 1:38/00:13:13)
  49 同 飛(25)   ( 0:36/00:12:17)
  50 7五銀(84)   ( 0:02/00:13:15)
  51 7四角成(63) ( 0:30/00:12:47)
  52 8六歩(85)   ( 0:17/00:13:32)
  53 同 歩(87)   ( 0:08/00:12:55)
  54 同 銀(75)   ( 1:54/00:15:26)
  55 8三歩打     ( 0:49/00:13:44)
  56 7二飛(82)   ( 0:43/00:16:09)
  57 7三歩打     ( 0:52/00:14:36)
  58 同 飛(72)   ( 0:29/00:16:38)
  59 同 馬(74)   ( 0:24/00:15:00)
  60 同 桂(81)   ( 0:03/00:16:41)

△2八歩で飛車を引かせて再びBOU☆GINを繰り出してゆく。

角の睨みとBOU☆GINで攻め立てられるぶるべー君は、将棋を通じて生命の法則を発見した。ぶるべ君が発見した世界は棒と穴でできていた。

ぶるべ「あかんわー、金がうんこに見えるわー。金がうんこに見えてきた。いま手元に11万あったらりんごちゃんと80分・80分・120分や。お前はうんこにたかる蝿や」

生命の法則を知ったぶるべー君は全知全能の神となり、世俗の拝金主義にすっかり染められてしまっている目の前の凡庸な男の卑小な性根を一瞬で見抜いてしまったのである。

悟りを開いたぶるべー君はお金がうんこに見えている。

(このクソガキにお金の大切さを教えなければ!)

  61 8一飛打     ( 0:31/00:15:31)
  62 7一歩打     ( 0:52/00:17:33)
  63 9一飛成(81) ( 0:50/00:16:21)
  64 2七歩打     ( 0:23/00:17:56)
  65 同 飛(28)   ( 0:24/00:16:45)
  66 2六歩打     ( 0:04/00:18:00)
  67 2八飛(27)   ( 0:19/00:17:04)
  68 8八歩打     ( 1:00/00:19:00)
  69 2二歩打     ( 0:53/00:17:57)
  70 同 玉(31)   ( 0:17/00:19:17)

私は潤沢にある歩を使って必死の攻防を展開するが、全知全能のぶるべ君はピシっと一発▲2二歩と急所に置いてきた。この歩を手抜いてしまおうとも思ったのだが、よくわからなかった。

  71 2五香打     ( 0:17/00:18:14)
  72 8九歩成(88) ( 0:02/00:19:19)
  73 2四香(25)   ( 0:06/00:18:20)
  74 同 銀(33)   ( 0:02/00:19:21)
  75 9二龍(91)   ( 0:58/00:19:18)
  76 5四角打     ( 0:59/00:20:20)

▲2五香と手筋の田楽刺しをもらい勝負ありにみえるが、のちの△5四角に期待した。4三角の打ち込みを防ぎながら2七歩成と8七銀成の両狙いを見た攻防の勝負手である。

私は、全知全能の神となったぶるべー君を人間に戻してあげたかった。

「生きているうちはうんこをしなくちゃ仕方がないんだよ。お金が無くては人は生きていかれないんだ」

「それでお前はいつもうんこの周りをくるくる飛び回っているのか。自分がうんこにたかる糞蝿同然の存在だということに、お前の脳クソでは一生気付くことができないのだろうな」

  77 2三歩打     ( 0:56/00:20:14)
  78 同 玉(22)   ( 0:09/00:20:29)
  79 2六飛(28)   ( 0:06/00:20:20)
  80 6二香打     ( 0:24/00:20:53)
  81 3六銀(47)   ( 0:55/00:21:15)
  82 6五歩(64)   ( 0:40/00:21:33)
  83 5五歩(56)   ( 0:42/00:21:57)
  84 3六角(54)   ( 0:17/00:21:50)
  85 同 飛(26)   ( 0:08/00:22:05)
  86 4五銀打     ( 0:28/00:22:18)

1本▲2三歩と叩き玉を上ずらせる。効果はのちにわかる。

私は△6二香と先手の龍の利きを遮りながら6筋に力を溜める。私は、ぶるべー君を救うためにこれまでコツコツと将棋の力をためてきたのである。

ホーク「力が正義じゃなかとですか!!」

ぶるべ(弱い男が吠えやがる)

  87 2六飛(36)   ( 0:38/00:22:43)
  88 2五歩打     ( 0:03/00:22:21)
  89 2八飛(26)   ( 0:10/00:22:53)
  90 6六歩(65)   ( 0:35/00:22:56)
  91 同 銀(67)   ( 0:51/00:23:44)
  92 7四桂打     ( 0:43/00:23:39)
  93 5七銀(66)   ( 0:51/00:24:35)
  94 6五桂(73)   ( 0:16/00:23:55)
  95 6三歩打     ( 0:42/00:25:17)
  96 5七桂成(65) ( 0:53/00:24:48)
  97 同 玉(58)   ( 0:12/00:25:29)
  98 6三香(62)   ( 0:59/00:25:47)
  99 4一角打     ( 0:39/00:26:08)
100 6二歩打     ( 0:11/00:25:58)
101 4三角打     ( 0:29/00:26:37)
102 投了         ( 0:00/00:25:58)
まで101手で先手の勝ち

▲4三角と打たれたところで投了。王手になるので金をかわすことができず、3一銀と打てば6一の金をボロっと取られるうえに敵玉に迫る手段もない。

ホーク「力がなかと、なんにも救えんばい!!」

私は、悔しさのあまり涙が止まらなかった。

「ぶるべー君をお金がうんこに見えるくるくるパーにしてしもた!!(涙)」

勝ってりんごちゃんねるのパスワードを得た鬼ぶるべ。パスワードを入力すると、彼女が香港に訪れたときにやったことや、思ったことが、可愛らしく綴られていたのである。

ぶるべ(普段の記事とあんま変わらん・・・)

ぶるべー君は勝ったが、この勝利をひどくむなしいものに感じたのである。

1218_eisei

| | コメント (14) | トラックバック (0)

(再掲載)平井堅でBOU☆GIN~お馬さんを触って射☆SAYするYAZAWA君KAN☆PAI~

私のブログ記事はダラダラと長く、有能な数学者なら私の書くのと同じ内容のことをいくつかの記号を用いたほんの数行の式で表してしまい、表したらあとは酒を飲むか、女を抱くか、博打でもしているのだろう。
私は彼が博打を打っている間にも、ぶるべー君と指した将棋を並べなければならないし、棋書で定跡手順を確認しなければならないし、YouTubeで私のしりこだまさんを想う心の機微を適当に代弁している愛の歌も探さなければならなかった。

(忙しい、忙しい)

その日、仕事もしないで10時にもならないうちから忙しくタバコを2本も3本もふかしていると珍しく部長から電話がかかってきた。

(あいつはオレがサボっているのが見えるのか?)

私は、戦慄して電話にでたのである。

「今から名古屋に飛んで」

「今からっすか?」

「すぐ行って」

そこで、私は同行者を求めてKさん(片山津のソープに一緒に行った人)のところへ飛んでいった。

「Kさん、今から名古屋行きます」

「今から行くのか?」

「すぐ行きましょう」

「オレも行くのか?」

車で東海北陸道をぶっ飛ばし、飛騨高山を抜け、美濃を通った辺りでK氏に「岐阜は良い」ということを知らされる。

後日、Kさんを誘ったが「オレは長野にそば食いに行くからダメだ」と断られた。

(Kさん、衰えたな・・・)

そこで、一人で再び東海北陸道をぶっ飛ばし岐阜に向かったのが6月の13日だったと思う。奇しくも矢沢君が吉祥寺のピンサロでパイズリされていたのが6月12日である。

さて、この歌は金津園でりんごちゃんを抱いた私の心の機微をもっともよく代弁しているが、この歌を私の心象の代弁者と書くのは適当な表現ではないかもしれない。

この歌は予言詩であった。

その日、たしかに私はときめく日々をつかまえに飛騨高山を越えたのである。この歌に言う出会いと別れとは、ソープランドで日々演じられている一期一会の物語のことであった。

私は岐阜で、プロッフェッショナルに出会った。
プロッフェッショナルとは力士や各業界の経営者たちではない。彼らはたしかに、この美しい国ニッポンで野球賭博で勝負したり脱税して捕まったり社内に愛人をもうけたりして、歯を食いしばって日々を生き抜いているが、そんなものではないのである。

私はマットプレイを終えてもビクともしないメンドクサイ客だったに違いないが、彼女は嫌な顔ひとつせず私のケツの穴

http://kokosuunen.dyndns.org/vote/kifuplayer/kifs/0051.html

# ----  Kifu for Windows V6.24 棋譜ファイル  ----
開始日時:2010/06/25 21:40:55
棋戦:レーティング対局室
手合割:平手  
先手:hawk-kanpailager
後手:YATARA_dancable
手数----指手---------消費時間--
   1 7六歩(77)   ( 0:06/00:00:06)
   2 3二飛(82)   ( 0:03/00:00:03)
   3 6八玉(59)   ( 0:04/00:00:10)
   4 6二玉(51)   ( 0:30/00:00:33)
   5 7八玉(68)   ( 0:04/00:00:14)
   6 7二玉(62)   ( 0:03/00:00:36)
   7 4八銀(39)   ( 0:02/00:00:16)
   8 3四歩(33)   ( 0:05/00:00:41)
   9 4六歩(47)   ( 0:05/00:00:21)
  10 3五歩(34)   ( 0:05/00:00:46)
  11 4七銀(48)   ( 0:01/00:00:22)

私のそれに腰を沈めた彼女の重さに私は(これは愛だな)と知ったが、同時に(この愛は偽りのそれであることに、オレはじきに気付くだろう)ということも知った。なぜなら、私は見えないものが見えるからである。

その日、しりこだまさんのすべてを抱きしめて地図なき道を歩いていこうとスカイプを起動したが、彼女はおらず、私は生まれ変わる旅をはじめようとすると、矢沢君が声をかけてくだすった。

矢沢君「ホ~クぅ~」

ホーク「なんだよお前、うるせぇな」

  12 8二玉(72)   ( 0:05/00:00:51)
  13 9六歩(97)   ( 0:02/00:00:24)
  14 9四歩(93)   ( 0:08/00:00:59)
  15 5八金(49)   ( 0:14/00:00:38)
  16 7二銀(71)   ( 0:03/00:01:02)
  17 2六歩(27)   ( 0:33/00:01:11)
  18 3四飛(32)   ( 0:03/00:01:05)
  19 6六歩(67)   ( 0:05/00:01:16)
  20 5二金(41)   ( 0:13/00:01:18)
  21 8六歩(87)   ( 0:09/00:01:25)

ホーク「お前、いいかげん結婚しろよ」

矢沢君「そのまま返すぜ、馬鹿ヤロウ」

矢沢君は2手目△3二飛と変態戦法で挑んできた。

矢沢君は選択する戦形を振り飛車1本と定めている。
振り飛車で将棋を指していると、居飛車との対抗形になるか相振りになるか、大雑把に言えばこの二つの戦形にしかならない。飛車を振る筋が違っても共通する手筋が多い。
一方、居飛車で指そうとすると矢倉になるかもしれないし角換わりになるかもしれないし横歩取りになるかもしれない。横歩取りになれば、△8五飛戦法をされるかもしれないし△4五角戦法をされるかもしれないし相横歩取りにされるかもしれない。角換わりなら腰掛銀ができなければいけないしBOU☆GINができなければいけないし、一手損角換わりになるとまるで内容が違ってくるし、矢倉なら・・・

そういう事情を考えると、まともな大人が将棋で強くなろうと思えば飛車を振るのがもっとも合理的な選択であると言える。
矢沢君の戦形選択の傾向は、良く言えば、彼の頭の良さを示している。

  22 6四歩(63)   ( 0:14/00:01:32)
  23 6八銀(79)   ( 0:19/00:01:44)
  24 1四歩(13)   ( 0:07/00:01:39)
  25 1六歩(17)   ( 0:03/00:01:47)
  26 4二銀(31)   ( 0:07/00:01:46)
  27 7五歩(76)   ( 0:18/00:02:05)

▲8六歩を見て、「天守閣か(天守閣美濃。左美濃のこと)・・・」と矢沢君がつぶやくので、私は頭に来て▲7五歩と突っ張っていき玉頭位取りを目指す。

  28 4四歩(43)   ( 0:06/00:01:52)
  29 7七銀(68)   ( 0:04/00:02:09)
  30 4三銀(42)   ( 0:02/00:01:54)
  31 7六銀(77)   ( 0:07/00:02:16)
  32 5四銀(43)   ( 0:06/00:02:00)
  33 5六銀(47)   ( 0:12/00:02:28)
  34 3三桂(21)   ( 0:12/00:02:12)
  35 6七金(58)   ( 0:25/00:02:53)
  36 1三角(22)   ( 0:14/00:02:26)
  37 7九角(88)   ( 0:03/00:02:56)

羽生曰く、将棋とはいかに自分は何もしないで相手に何かやらせるかという駆け引きである。

私は、つとめてなにもしないように駒組みを進めていたのだが、金銀が完全に上ずっていてキュウリである。

思えば、▲7五歩が強すぎた。

  38 3六歩(35)   ( 0:03/00:02:29)
  39 同 歩(37)   ( 0:12/00:03:08)
  40 4六角(13)   ( 0:29/00:02:58)
  41 3五歩(36)   ( 0:07/00:03:15)
  42 同 飛(34)   ( 0:20/00:03:18)
  43 4八飛(28)   ( 0:05/00:03:20)
  44 1九角成(46) ( 0:27/00:03:45)
  45 4四飛(48)   ( 0:03/00:03:23)

羽生「将棋っていうのは一番強い手を指しちゃいけないんです」

将棋の達人なら、ここは自分は何もしないで△6三銀引だが、矢沢君は強く△3六歩とハードパンチを飛ばしてきた。△1九角成まで進み、香得されたうえにお馬さんまで作られては完全にヘリコプターである。

矢沢君「滋賀のソープ島は4万円でお泊りできるんですよ。一晩中チュッチュするんですよ」

勝ちを意識した矢沢君は、女のことを考えている。

私は、矢沢君の心が揺れたのを見逃さなかった。
▲4四飛と走り、孔明の罠を張る。

  46 4三香打     ( 0:54/00:04:39)
  47 3六歩打     ( 0:02/00:03:25)
  48 同 飛(35)   ( 0:06/00:04:45)
  49 3七歩打     ( 0:02/00:03:27)
  50 3五飛(36)   ( 0:06/00:04:51)
  51 4三飛成(44) ( 0:23/00:03:50)
  52 同 銀(54)   ( 0:32/00:05:23)
  53 3六香打     ( 0:11/00:04:01)

ここは3八飛成と王手に成り込む手が見えるが、達人なら自分はなにもしないで3九飛成とあえてなんでもないところに成り込む。
3八飛成は手順に6八金引とされ先手陣が締まる。あえてなんでもない3九に成り込むことで6九の金をブラブラさせておくのが達人の呼吸である。

ところが、飛車が好きな矢沢君は強く4三香と打って飛車を取りにいく。

矢沢君「飛車こそ正義じゃ!」

よこしまな念にとり憑かれた矢沢君は勝利の法則を駒得に見出そうとした。
しかし、手はあるもので、3筋の歩の連打から3六香で矢沢君は丸得したと思った飛車をたちまち取り返されてしまったのである。

矢沢君「ム、ムキーッ!!」

  54 2八飛打     ( 0:55/00:06:18)
  55 6八金(67)   ( 0:31/00:04:32)
  56 3六飛(35)   ( 0:06/00:06:24)
  57 同 歩(37)   ( 0:04/00:04:36)
  58 5四香打     ( 0:11/00:06:35)
  59 3一飛打     ( 0:58/00:05:34)
  60 5六香(54)   ( 0:14/00:06:49)
  61 同 歩(57)   ( 0:03/00:05:37)
  62 2九馬(19)   ( 0:10/00:06:59)
  63 3三飛成(31) ( 0:16/00:05:53)
  64 5六馬(29)   ( 0:32/00:07:31)

私は、りんごちゃんが私のそれに腰を沈めてくるのをただ待っていればよかった。

(オレは夢の中にいる)

私には、陳腐な詩藻が湧き上がっていた。見知らぬ土地で見知らぬ女が私のお馬さんにまたがってくるのだから、これは夢であった。

(人生も夢のようなものか)

と言うと陳腐だが、私の人生のうちの30年弱は夢のように過ぎてしまっていた。
なにもわからなかった少年時代。サッカーをするか、なにかわけのわからない遊びをして過ごした。
高校に上がると思い出したように勉強を始め、進学。ド貧乏学生で、金がなくなると女や気のいい先輩のところに転がり込んで食わしてもらうというヒモのような生活をしていた。
いくつかの不幸があり、多少の苦労もあった。

それらいくつかの情景は、芝居の書き割りか絵巻物でもみるような、なにかうそめいた色彩を帯びてしか浮かびあがってこない。

  65 6七銀(76)   ( 0:03/00:05:56)
  66 3四馬(56)   ( 0:17/00:07:48)
  67 同 龍(33)   ( 0:49/00:06:45)
  68 同 銀(43)   ( 0:02/00:07:50)
  69 5五角打     ( 0:02/00:06:47)
  70 3八飛成(28) ( 0:19/00:08:09)
  71 1一角成(55) ( 0:03/00:06:50)
  72 5七銀打     ( 1:36/00:09:45)
  73 7六桂打     ( 0:41/00:07:31)
  74 1八飛打     ( 1:21/00:11:06)
  75 5八香打     ( 0:06/00:07:37)
  76 6八銀成(57) ( 0:29/00:11:35)
  77 同 角(79)   ( 0:09/00:07:46)

(人の世も夢だな)

りんごちゃんの愛もまた夢である。
私は、つとめて考えまいとしていた。だって今の世の中考えること多すぎんじゃん。

途中、私が上になり、彼女の体を責めた。彼女は懸命にそれを受けた。
私は生の実感を彼女の体に求めた。

矢沢君は大好きな飛車を求めて△3四馬とぶつけてくる。

「飛車こそ正義じゃ!!」

(なんとあさはかな男か・・・)

私は彼の求めるままに飛車角の交換に応じ、▲5五角からお馬さんを作っておく。

  78 6二金(52)   ( 0:39/00:12:14)
  79 4四馬(11)   ( 0:21/00:08:07)
  80 4三歩打     ( 2:21/00:14:35)
  81 3四馬(44)   ( 0:44/00:08:51)
  82 6三桂打     ( 0:02/00:14:37)
  83 5九香打     ( 0:15/00:09:06)
  84 7五桂(63)   ( 0:02/00:14:39)
  85 8八銀打     ( 0:22/00:09:28)
  86 6七桂成(75) ( 0:54/00:15:33)
  87 同 馬(34)   ( 0:03/00:09:31)
  88 6三金打     ( 0:57/00:16:30)

ベッドのうえでりんごちゃんは体だけになっていた。

頭はない。体だけが、私の感情も過去も、詩藻も、悔恨も満足も、すべてを受け止める唯一のものだった。りんごちゃんは温かい粘膜で私を吸いとろうとした。

矢沢君は△4三歩とシブイ受けを見せた。銀はボロッと取られるが、その瞬間、馬が敵陣に利いていない。
玉形の固さと大駒の働きの差で、勝てるとみている。

(まあまあやるやないか・・・)

そこで、矢沢君がパイズリされていた吉祥寺のピンサロのHPをリンクさせていただく。

  89 1三角成(68) ( 0:53/00:10:24)
  90 7四歩(73)   ( 0:57/00:17:27)
  91 4六馬(13)   ( 0:33/00:10:57)
  92 7五銀打     ( 0:47/00:18:14)
  93 6五歩(66)   ( 1:01/00:11:58)
  94 4八龍(38)   ( 0:16/00:18:30)
  95 6八馬(46)   ( 3:43/00:15:41)
  96 6五歩(64)   ( 0:56/00:19:26)
  97 7七銀(88)   ( 0:02/00:15:43)

ここで、私は達人なので自分はなにもしないで▲1三角成とし手をわたす。

角筋を生かして▲6四歩と矢沢君の大事なところに襲い掛かろうとするが、△4八龍に▲6八馬と引き付けて私はわけがわからなくなった。

私はなにもしないで相手にまかせていただけなのに、帰り際に「楽しかったー」といってチューしてくれたので私はわからなくなった。
私のお唇をぺろぺろするその舌で私のケツの穴を舐めていたかどうかもわからなくなってていた。

そこで、りんごちゃんのブログをリンクさせていただく。

  98 6六銀(75)   ( 0:54/00:20:20)
  99 同 銀(77)   ( 0:05/00:15:48)
100 同 歩(65)   ( 0:02/00:20:22)
101 同 馬(67)   ( 0:01/00:15:49)
102 7五銀打     ( 0:05/00:20:27)
103 4八馬(66)   ( 0:58/00:16:47)
104 同 飛成(18) ( 0:09/00:20:36)
105 6四歩打     ( 0:14/00:17:01)

夢から醒めると、私は矢沢君と戦わねばならなかった。▲6四歩と打って叩きあいにいくが、矢沢君は金を3つ持っているのでピンサロでBOU☆GINを2回発射できる。

矢沢君「滋賀のソープ島は4万でお泊りできるからな。お前はたいしたことがない」

ホーク「風俗は簡単にお別れできるからいいんですよ。一晩一緒にいるなんてストレスじゃないですか」

106 7六銀(75)   ( 0:37/00:21:13)
107 6三歩成(64) ( 0:15/00:17:16)
108 8七角打     ( 0:53/00:22:06)
109 8八玉(78)   ( 0:07/00:17:23)
110 6七歩打     ( 0:57/00:23:03)
111 6二と(63)   ( 0:57/00:18:20)
112 6八歩成(67) ( 0:55/00:23:58)
113 6一と(62)   ( 0:47/00:19:07)
114 6九角成(87) ( 0:56/00:24:54)

ホーク「一晩中チュッチュできるかぁ!!」

矢沢君「ム、ムキーッ!!」

怒り狂った両者はノーガードのインファイトに突入した。

最後、矢沢君は△6九角成と金をひとつ補充し、ダーリンのお馬さんになってもう一回BOU☆GINを発射しようとしたが、なにもしない7八角成なら詰んでいたらしい。

8五に銀が利いているので後手玉は詰まないと思ったらしい。
私は詰ますしかないので王手をかけるしかないが、読みきっていたわけではなかった。

115 7一銀打     ( 0:14/00:19:21)
116 9三玉(82)   ( 0:56/00:25:50)
117 8二銀打     ( 0:17/00:19:38)
118 8四玉(93)   ( 0:02/00:25:52)
119 8五金打     ( 0:08/00:19:46)
120 同 銀(76)   ( 0:08/00:26:00)
121 同 歩(86)   ( 0:01/00:19:47)
122 7五玉(84)   ( 0:29/00:26:29)
123 7七飛打     ( 0:52/00:20:39)
124 7六桂打     ( 0:35/00:27:04)
125 同 飛(77)   ( 0:04/00:20:43)
126 同 玉(75)   ( 0:04/00:27:08)
127 7七金打     ( 0:22/00:21:05)
128 7五玉(76)   ( 0:06/00:27:14)
129 7六銀打     ( 0:31/00:21:36)
130 6四玉(75)   ( 0:11/00:27:25)
131 6五金打     ( 0:03/00:21:39)
132 6三玉(64)   ( 0:02/00:27:27)
133 6二と(61)   ( 0:10/00:21:49)
134 投了         ( 0:00/00:27:27)
まで133手で先手の勝ち

勝ったが、もうなにもわからなかった。

1218_eisei

| | コメント (12) | トラックバック (0)

鬼退治

最近は昼飯時になっても冷やしそばくらいしか食う気がしないと思っていたら、なるほど、6月も終わりにさしかかり季節は夏になろうとしているらしかった。会社にお篭りしていると季節がわからなくなる。

さて、夏と言って連想するものは私は桑田佳祐くらいしか思い浮かばなかった。

夏が近づいていることを感じた私は、以前しりこだまさんが私と観覧車に乗りたいと言っていた事を思い出した。真に受けた私はしりこだまさんを連れてミラージュランドに行こうと思いスカイプを起動したが、彼女はおらず、私は涙で心の灯を消していると、鬼ぶるべ君から声がかかって私のため息は凍りついた。

鬼ぶるべ「おい、カス。オレ今日ぷりけつとボンバーマンやるから。あいつが来るまで暇だから将棋してやんよ」

ホーク「あ、あ・・・あ、あ、あ、ありがとうごまぷ・・・!」

盤面http://kokosuunen.dyndns.org/vote/kifuplayer/kifs/0050.html

# ----  Kifu for Windows V6.24 棋譜ファイル  ----
開始日時:2010/06/19 21:28:43
棋戦:レーティング対局室
手合割:平手  
先手:bluevelvet
後手:hawk-kanpailager
手数----指手---------消費時間--
   1 7六歩(77)   ( 0:15/00:00:15)
   2 8四歩(83)   ( 0:01/00:00:01)
   3 6八銀(79)   ( 0:07/00:00:22)
   4 3四歩(33)   ( 0:13/00:00:14)
   5 6六歩(67)   ( 0:04/00:00:26)
   6 6二銀(71)   ( 0:02/00:00:16)
   7 5六歩(57)   ( 0:11/00:00:37)
   8 5四歩(53)   ( 0:02/00:00:18)
   9 4八銀(39)   ( 0:04/00:00:41)
  10 4二銀(31)   ( 0:02/00:00:20)

先手番を取った鬼ぶるべ。私は、この若造になにを臆することがあるかと堂々の△8四歩でなんでもいらっしゃいの構えだが、ぶるべー君は▲6八銀とし、矢倉の注文をつけてきた。

ぶるべー君は私に対し、相矢倉や旧型の振り飛車など私が比較的得意にしている形をあえてぶつけてくる風なところがある。あるいは、男らしくBOU☆GINを繰り出してくる。
相手の技は受けてナンボというプロレスのような将棋で、相手が輝く得意技には大いに付き合って己の養分にしてしまい、ぶるべ君の将棋の力は瞬く間に膨れ上がった。

(オレを喰おうとしていやがる・・・)

  11 5八金(49)   ( 0:03/00:00:44)
  12 3二金(41)   ( 0:17/00:00:37)
  13 7八金(69)   ( 0:06/00:00:50)
  14 4一玉(51)   ( 0:02/00:00:39)
  15 7七銀(68)   ( 0:10/00:01:00)
  16 7四歩(73)   ( 0:13/00:00:52)
  17 7九角(88)   ( 0:06/00:01:06)

私は、ぶるべ君が私を喰らって己の養分にしようとしていることはすぐにわかった。だってオレって見えないものが見えちゃうじゃん。
しかし、私は男に生まれた以上はぶるべ君の注文を受けて立つしか法がない。

15手目の▲7七銀が後の展開を左右する重大な動きで、普通は後手が5二金と形を決めたのを見定めてからこの銀を上がる。

  18 6四歩(63)   ( 0:43/00:01:35)
  19 4六角(79)   ( 0:25/00:01:31)
  20 6三銀(62)   ( 0:22/00:01:57)
  21 6五歩(66)   ( 0:30/00:02:01)
  22 5五歩(54)   ( 0:03/00:02:00)
  23 同 歩(56)   ( 0:25/00:02:26)
  24 5二飛(82)   ( 0:07/00:02:07)

7七銀・7八金の形は好形だが、後手に中央から動かれると壁になってしまっている感がある。▲7九角と普通に引き角にすれば完全に壁となる。

△6四歩を見て後手の狙いを早くも察知した鬼ぶるべは▲7九角~4六角と角の活用を急いで壁形をほぐしながら角の機動力でリードを取りに行く。

私は△5二飛と中央に狙いをつけ、7七銀を咎めにいく。後手は5二金を決めていないため、中飛車にできる。

  25 6六銀(77)   ( 0:29/00:02:55)
  26 6五歩(64)   ( 1:18/00:03:25)
  27 同 銀(66)   ( 0:38/00:03:33)
  28 6四歩打     ( 0:17/00:03:42)
  29 5六銀(65)   ( 0:28/00:04:01)
  30 3一玉(41)   ( 0:45/00:04:27)
  31 5七銀(48)   ( 0:29/00:04:30)
  32 6二金(61)   ( 0:31/00:04:58)
  33 6六銀(57)   ( 2:09/00:06:39)
  34 7三桂(81)   ( 0:11/00:05:09)
  35 7七桂(89)   ( 0:50/00:07:29)

中央の制空権を争う。

△7三桂で後手の攻め駒の配置はほぼ完了している。相矢倉の後手は守勢に立つことが多いので、攻勢を取れる矢倉中飛車は後手にとっておもしろい変化といえる。

先手は中央に2枚銀を並べるシブイ構えで好形だが、桂の活用が遅れていて攻め足がいかにも遅い。
そこでぶるべ君は左の桂を跳ね、中央の制空権争いに数を足す。

「数こそ正義じゃ!!」

守勢に立たされたが歩得であり、指せる手応えを感じたぶるべ君はよこしまな念に取り憑かれ、将棋の理を数に見出そうとした!鬼ぶるべや・・・ッ!!

私は、ぶるべー君の心が揺れたのを見逃さなかった。

  36 1四歩(13)   ( 0:23/00:05:32)
  37 2六歩(27)   ( 0:35/00:08:04)
  38 1三角(22)   ( 0:09/00:05:41)
  39 同 角成(46) ( 0:23/00:08:27)
  40 同 香(11)   ( 0:01/00:05:42)
  41 6七金(58)   ( 0:36/00:09:03)
  42 5一飛(52)   ( 2:35/00:08:17)
  43 2五歩(26)   ( 0:58/00:10:01)
  44 3三銀(42)   ( 0:48/00:09:05)
  45 6八玉(59)   ( 0:50/00:10:51)
  46 2二玉(31)   ( 0:47/00:09:52)
  47 7九玉(68)   ( 0:20/00:11:11)

△1三角で角交換を挑む。狙いは言わずと知れた3九角の両取りだ。

が、▲6七金右と受けられると意外とたいした手段がなく、きゅうりである。

そこで一転、双方、いまさら駒組みを始める間抜けさである。▲2五歩には△3三銀と受けておく。歩損しているので普通はゆっくりしていてはダメなところだが、攻め駒の配置がいいので固めて好機を待つ。

鬼ぶるべ玉も▲7九玉と戦場から遠のいていく。

  48 6五歩(64)   ( 0:03/00:09:55)
  49 5七銀(66)   ( 1:01/00:12:12)
  50 6四銀(63)   ( 0:14/00:10:09)
  51 6三歩打     ( 0:51/00:13:03)
  52 同 金(62)   ( 0:12/00:10:21)
  53 7二角打     ( 0:24/00:13:27)
  54 6二金(63)   ( 0:35/00:10:56)
  55 4五角成(72) ( 0:33/00:14:00)

7九玉の瞬間は機で、△6五歩と銀にぶつけて開戦する。先手の金銀はよくまとまっていて形が良さそうだが、陣形が高く、後手の攻めの当たりがきつくなっている。また、7九の玉は角の王手がかかりやすい位置で、将来3五角や3九角の打ち込みが決定打になる可能性がある。

ところが、鬼ぶるべは▲6三歩の一発で後手陣のバランスを崩し、馬を作られてきゅうりである。ぶるべー君はダーリンのお馬さんで私の大事なところを狙ってくるだろう。

そこで、次回は金津園で大暴れした私のお馬さんの話をしたい。

  56 7五歩(74)   ( 2:41/00:13:37)
  57 同 歩(76)   ( 0:31/00:14:31)
  58 7六歩打     ( 0:20/00:13:57)
  59 同 金(67)   ( 0:26/00:14:57)
  60 4四歩(43)   ( 0:04/00:14:01)
  61 5四馬(45)   ( 0:43/00:15:40)
  62 同 飛(51)   ( 0:15/00:14:16)
  63 同 歩(55)   ( 0:03/00:15:43)
  64 3九角打     ( 0:03/00:14:19)

△7五歩、▲同歩、△7六歩と貴重な1歩を使って先手陣を乱しにいく。先手は▲同金と応じ、5七への利きはなくなった。

△4四歩に▲5四馬は鬼ぶるべの失着で、△同飛、▲同歩で手番を握った後手の狙いは言わずと知れた△3九角の打ち込みである。

  65 5八飛(28)   ( 0:20/00:16:03)
  66 4九角打     ( 0:10/00:14:29)
  67 6七銀(56)   ( 0:36/00:16:39)
  68 5八角成(49) ( 0:41/00:15:10)
  69 同 銀(67)   ( 0:03/00:16:42)
  70 5九飛打     ( 0:05/00:15:15)
  71 6八玉(79)   ( 0:29/00:17:11)
  72 9九飛成(59) ( 0:27/00:15:42)

▲5八飛に△4九角がまた厳しい。飛車をかわせば7六の金が浮いているし5七角成と銀を獲る手が王手になり、金駒をボロボロ取られて受けが利かなくなる。

  73 8二飛打     ( 0:25/00:17:36)
  74 7二香打     ( 0:43/00:16:25)
  75 8一飛成(82) ( 0:49/00:18:25)
  76 8五桂(73)   ( 0:09/00:16:34)
  77 5一龍(81)   ( 0:36/00:19:01)
  78 7七桂成(85) ( 0:55/00:17:29)
  79 同 金(76)   ( 0:56/00:19:57)
  80 4五桂打     ( 0:52/00:18:21)
  81 4六銀(57)   ( 0:48/00:20:45)
  82 4八角成(39) ( 0:09/00:18:30)
  83 6九歩打     ( 0:12/00:20:57)

完全攻勢だが後手玉も固いわけではないので油断できない。一気の寄せを決めたいところだが、▲6九歩と底歩を打たれて受けきられたか・・・!?

  84 7五香(72)   ( 0:11/00:18:41)
  85 7六歩打     ( 0:55/00:21:52)
  86 5七歩打     ( 0:13/00:18:54)
  87 6七銀(58)   ( 0:15/00:22:07)
  88 4七馬(48)   ( 0:13/00:19:07)
  89 7九桂打     ( 0:30/00:22:37)
  90 4六馬(47)   ( 0:16/00:19:23)

7五に落ちている歩が一歩千金だった。△7五香、▲7六歩、△5七歩で攻めが繋がった。

  91 8六金(77)   ( 0:37/00:23:14)
  92 7六香(75)   ( 0:55/00:20:18)
  93 同 金(86)   ( 0:18/00:23:32)
  94 7五歩打     ( 0:06/00:20:24)
  95 6二龍(51)   ( 1:00/00:24:32)
  96 7六歩(75)   ( 0:09/00:20:33)
  97 同 銀(67)   ( 0:16/00:24:48)
  98 5八歩成(57) ( 0:46/00:21:19)
  99 7七玉(68)   ( 0:20/00:25:08)
100 5五馬(46)   ( 0:15/00:21:34)
101 8六玉(77)   ( 0:12/00:25:20)
102 8五銀打     ( 0:47/00:22:21)
103 投了         ( 0:00/00:25:20)
まで102手で後手の勝ち

勝ったが、勝つことが正義でないことを知り抜いている私はこの勝利になんら意味を見出すことができなかった。

この後、もう一局指したが、私は63手という短手数をもって投了に追い込まれている。

Da001189

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひとりうっちゃり閉鎖記念対局~鬼ぶるべ、はなむけのGIN☆KON☆KAN(レクイエム)~

マニフェストにより政策の数値、期限、内容などが明らかにされ、その具体的内容が選挙民によって選択されるならこれは直接民主制というべきもので、我が国は議会と議員を必要としなくなった。しかし、それでも選出され続ける議員は言うなればイボやタコのような存在であり、イボの親玉である鳩山という男を我々は文字通り腫れ物のように疎み、できることなら除きたいと思っていた。

知識人や政治家がえげれすから輸入したマニフェストは我が国においては政府が無条件に従わねばならぬ命令書となってしまい、政権党のみならず政府官僚までもがその杓子定規にいたずらに従属せねばならなくなっているとすればキュウリである。
私なら、たとえば外交のように高度な政治的判断を要求されると思われる国家の重大な意思決定について、東京大学を卒業された有能な政治家や官僚に決定していただきたい。決定していただければ、あとは天下りでもノーパンしゃぶしゃぶでも好きなことをやっていただいてかまわない。
とくにノーパンしゃぶしゃぶに行っていただいてかまわない。ノーパンしゃぶしゃぶはパンツを履いていない女の子がウロウロしていてかわいいし、肉が食えるからである。

鳩山という男はもう少し総理を続けていればストレスでツルッパゲになっただろう。
先のことなどわからないのである。マニフェストなどというものは先のことを確固たる形式と厳密なる数量によって予測できるとみなしている完全な誤謬の産物で、そんなものを旗印に立候補しあとでそれを廃棄したり修正したりという詐欺師の所業を繰り返した男の顛末に同情できる部分は少なく、ただただ気分の悪さのみが残るのである。

社会の多数派が正義、勇気、思慮そして節度を保ったことは歴史上、私はひとつもその例を知らない。
私の胸を打つのはいつも、それらの精神の美徳を保とうと努めた極少数派の紡いだ敗北の物語だった。

ネタボケライフ第720回、くろごまふはホウケイ乾杯ラガー以外の全ての投稿者に負けた。このときの彼のネタが渾身の一作で、平沼伝次郎は自身のブログでそのネタに対し「その前に100円入れた奴がおるな」という神の指摘を残している。

(オレたちは何を競っているのか)

くろごまふはわからなくなっていた。

http://kokosuunen.dyndns.org/vote/kifuplayer/kifs/0049.html

# ----  Kifu for Windows V6.24 棋譜ファイル  ----
開始日時:2010/05/30 16:47:02
棋戦:レーティング対局室
手合割:平手  
先手:bluevelvet
後手:hawk-kanpailager
手数----指手---------消費時間--
   1 7六歩(77)   ( 0:03/00:00:03)
   2 3四歩(33)   ( 0:02/00:00:02)
   3 2六歩(27)   ( 0:06/00:00:09)
   4 3二金(41)   ( 0:03/00:00:05)
   5 2五歩(26)   ( 0:17/00:00:26)
   6 8八角成(22) ( 0:05/00:00:10)
   7 同 銀(79)   ( 0:02/00:00:28)
   8 2二銀(31)   ( 0:02/00:00:12)

人の言葉を信用してはならない。人の心は行動にしか表れない。

第720回を最後にネタボケライフを引退することを宣言したくろごまふが第800回にネタを投稿しているのはオーギリに対する未練ではなく、あの男は自分が引退したことを忘れていたに違いない。

くろごまふの行動は常にてきとーであり、言葉は常に無意味である。

彼は自らネットオーギリのサイトを作ったりした。それが「ひとりうっちゃり」であり、その前にも前身というべきサイトを作っていて私も参加していたらしいのだが、あまり覚えていない。

人の脳は不要な情報を忘れるようにできている。

   9 7七銀(88)   ( 0:03/00:00:31)
  10 3三銀(22)   ( 0:02/00:00:14)
  11 7八金(69)   ( 0:01/00:00:32)
  12 7二銀(71)   ( 0:03/00:00:17)
  13 3八銀(39)   ( 0:02/00:00:34)
  14 6四歩(63)   ( 0:01/00:00:18)

くろごまふはひとりうっちゃりを閉鎖することを宣言したが、この言葉は信用してもいい。

くろごまふはいいかげんな男なので後で「やっぱり続けようかな」と迷うことはあるかもしれないが、迷った場合、楽なほうを選ぶ可能性が高い。

  15 2七銀!(38)   ( 0:03/00:00:37)

ぶるべー君には迷いがない。▲2七銀と出て今日も元気にBOU☆GINを繰り出してくる。

消えゆくひとりうっちゃりにたむける鎮魂歌(GIN☆KON☆KAN)はBOU☆GINこそがふさわしい。

鬼ぶるべ、はなむけの▲2七銀で早くも気合勝ちである。

  16 6三銀(72)   ( 0:01/00:00:19)
  17 2六銀(27)   ( 0:01/00:00:38)
  18 1四歩(13)   ( 0:02/00:00:21)
  19 1六歩(17)   ( 0:01/00:00:39)
  20 5二金(61)   ( 0:12/00:00:33)
  21 1五歩(16)   ( 0:08/00:00:47)
  22 同 歩(14)   ( 0:02/00:00:35)
  23 同 銀(26)   ( 0:01/00:00:48)
  24 同 香(11)   ( 0:02/00:00:37)
  25 同 香(19)   ( 0:01/00:00:49)

将棋において勝つことは正義でなく、BOU☆GINが正義である。

将棋を指しているとぶるべー君の深い思慮、節度、正義を愛する心とそれを貫き通そうとする強い意志と勇気が私には手に取るようにわかる。なぜなら、将棋は行動の連続であり、彼の心の有り様が表れてくるからである。

「オレはジョンベネが好きだ」と、棒をGIN☆GINにして☆GIN☆を犠牲に端を破る。

BOU☆GINをバカにする輩はたいていは雑魚か芋か、さもなくばきゅうりである。
この銀香交換がのちの大勢にどう影響するかはじつのところ、誰にもわからないのである。わからないなら、一手一手這うように進めていくしか方法がない。

くろごまふは第800回以降も一個一個、這うようにしてネタを投稿し続けた。引退宣言後もこれだけ投稿し続けているのは、彼は自分が引退したことなど忘れてしまっているのに違いなかった。

たとえば、ネタボケライフにこうあった。

第981回

野球の試合に参加中の王様が、
権力を利用して行った突然のルール変更とは?

くろごまふ
3球目からタマネギかサツマイモかの選択になる

これを見てわかるのは、彼はタマネギと言いたいだけである。

  26 1三歩打     ( 0:58/00:01:35)
  27 1九香打     ( 0:39/00:01:28)
  28 2二銀(33)   ( 0:13/00:01:48)
  29 2四歩(25)   ( 0:24/00:01:52)
  30 同 歩(23)   ( 0:11/00:01:59)
  31 1二角打     ( 0:20/00:02:12)
  32 3三桂(21)   ( 0:56/00:02:55)
  33 1三香成(15) ( 0:44/00:02:56)
  34 同 銀(22)   ( 1:04/00:03:59)
  35 同 香成(19) ( 0:11/00:03:07)

第987回

この人うなずいてるけど話の内容わかってないなと思った理由

くろごまふ
キンタマ触ってるし小僧寿司も食っている
それより隣の女が木魚が入るか試している

これもキンタマと小僧寿司と木魚が言いたいだけである。

(この自然体、ハンパねぇな・・・)

くろごまふが言いたいことを言うと、人が物事を合理的に捉えようとすることはそれ自体がすでに不合理であるように思われるのである。だって今の世の中考えること多すぎんじゃん。

  36 4五桂(33)   ( 1:26/00:05:25)
  37 6八銀(77)   ( 0:56/00:04:03)
  38 5四香打     ( 2:12/00:07:37)
  39 4六銀打     ( 0:26/00:04:29)
  40 4四歩(43)   ( 1:50/00:09:27)
  41 2四飛(28)   ( 0:25/00:04:54)
  42 2三歩打     ( 1:04/00:10:31)
  43 同 成香(13) ( 0:24/00:05:18)
  44 4二金(32)   ( 0:20/00:10:51)
  45 2一角成(12) ( 0:34/00:05:52)

ぶるべ君は1、2筋を飛車、角、成香と圧倒的な戦力でもって占拠している。私は、金一枚ではもはや支えることはできず、2筋を放棄して逃げ出したのである。

「数こそ正義じゃ!」

勝ちが見えたぶるべー君はよこしまな念にとり憑かれた!鬼ぶるべやっ!!
私は、ぶるべー君の心が揺れたのを見逃さなかった。

  46 8四角打     ( 2:13/00:13:04)
  47 5八金(49)   ( 0:18/00:06:10)
  48 3五銀打     ( 0:32/00:13:36)
  49 同 銀(46)   ( 0:45/00:06:55)
  50 5七桂成(45) ( 0:04/00:13:40)
  51 同 銀(68)   ( 0:45/00:07:40)
  52 同 角成(84) ( 0:12/00:13:52)
  53 同 金(58)   ( 0:39/00:08:19)
  54 同 香成(54) ( 0:05/00:13:57)

ひとりうっちゃりの思い出について書きたい。

私がよく覚えているのは老い先~さようなら峰岸徹~で黒柳子徹と演じた死闘であり、1回戦、2回戦で両者の差は1ポイントのみで勝負は根競べとなり、緊張感に耐えられなくなった私は3回戦で顔をあげてしまい、敗れたが、3回戦での黒柳子徹のネタも若干、息切れした感があり、グダグダな感じで勝敗が決したのである。
他の試合と比べてみても(うっちゃり的に)ベストバウトだったと思う。

先手の手駒がなくなったところで△8四角と怪しく置いておく。▲5八金と上がれば数は足りるが△3五銀と打つ手がまた怪しい。飛車取りにもなっているのでぶるべー君は取ったが、取ると中央の数が足りなくなる。

  55 6八金(78)   ( 0:43/00:09:02)
  56 4八銀打     ( 1:56/00:15:53)
  57 6九玉(59)   ( 0:05/00:09:07)
  58 8八金打     ( 0:56/00:16:49)
  59 6六角打     ( 0:57/00:10:04)
  60 6八成香(57) ( 0:54/00:17:43)
  61 同 玉(69)   ( 0:04/00:10:08)
  62 8九金(88)   ( 0:52/00:18:35)
  63 4六銀(35)   ( 1:08/00:11:16)
  64 5六桂打     ( 0:53/00:19:28)
  65 7八玉(68)   ( 0:25/00:11:41)
  66 6八金打     ( 0:57/00:20:25)
  67 8九玉(78)   ( 0:24/00:12:05)
  68 6七金(68)   ( 0:06/00:20:31)
  69 4四角(66)   ( 0:23/00:12:28)
  70 6八桂成(56) ( 0:53/00:21:24)
  71 3二成香(23) ( 0:31/00:12:59)
  72 7八成桂(68) ( 0:52/00:22:16)
  73 9八玉(89)   ( 0:05/00:13:04)

ここで、ひとりうっちゃりで私が一番おもしろいと思ったネタを紹介したい。

第29回 タイの首都バンコクが非常事態宣言を出した理由

平沼伝次郎
先日の首相選挙で、浅野温子に2票入っていた

▲9八玉まで進み、数が足りなくなった。もう一枚あればあれば詰むのだが・・・

逆に言えば、ぶるべー君は駒を渡せないということになる。
駒を渡せないという制約がのちにぶるべー君のエラーを誘う。

  74 4三金(42)   ( 0:59/00:23:15)
  75 2二飛成(24) ( 0:58/00:14:02)
  76 4二金(52)   ( 0:54/00:24:09)
  77 3一龍(22)   ( 0:47/00:14:49)
  78 4一歩打     ( 0:05/00:24:14)
  79 4二成香(32) ( 0:20/00:15:09)
  80 同 飛(82)   ( 0:55/00:25:09)
  81 1一角成(44) ( 0:59/00:16:08)
  82 4四香打     ( 0:30/00:25:39)
  83 4五香打     ( 0:53/00:17:01)
  84 7七金(67)   ( 0:37/00:26:16)

△4三金と角を取りに行く。角は渡せないのでいったんは▲2二飛成と詰めろをかけておく。対して△4二金寄とぶつけるのが怪しい受けの勝負手で、ここで4一成香と擦り込めば先手が勝ったようだがすでに1分将棋に突入しているので発見できなかった。本譜、香車は渡してもいいので▲4二成香で金を剥がし、それから▲1一角成と逃げる。

続いて△4四香と打って銀を取りに行く。銀は渡せないので▲4五香と打ったが、これが罠だった。
4四香は銀を取って詰めろをかけるという意味もあるが、もうひとつ、角の利きを遮って次に7七金と寄る手を用意しているという重大な狙いも秘めていた。

持ち時間の短い将棋では2つ以上の意味を持つ差し手は相手のエラーを誘いやすい。

ぶるべー「あれ、あれれー。おかしいですよ」

  85 9六歩(97)   ( 0:15/00:17:16)
  86 8八成桂(78) ( 0:05/00:26:21)
  87 9七玉(98)   ( 0:03/00:17:19)
  88 8七金(77)   ( 0:03/00:26:24)
  89 投了         ( 0:00/00:17:19)
まで88手で後手の勝ち

勝ったが、勝つことが正義でないということを知り抜いている私はこの勝利をひどくむなしいものに感じたのである。事故餅お疲れちゃん。

Da001189

| | コメント (7) | トラックバック (0)

恋に落ちて-BOU☆GIN☆LOVE- 小林明子

妹の職場に私の同級生がいて、結婚するらしいことを先週聞いた。妹は式に招かれている。

そこで、妹は私に祝儀を出せと要求してきた。私は一万円だけ彼女に与えた。

この日、ときめく恋に駆け出しそうな私は土曜の夜と日曜のしりこだまさんが欲しくてスカイプを起動したが彼女はおらず、私はやむなく吐息を白いバラに変えて部屋中に飾っていると妹が帰ってきて、私に祝儀を出せと要求してきたのである。

妹「一万円じゃカッコ悪い」

私「お前が2万出して、3万包めばええやん」

妹「あと一万出して」

そこで、私は彼女に一万円与えた。

盤面http://kokosuunen.dyndns.org/vote/kifuplayer/kifs/0048.html

# ----  Kifu for Windows V6.24 棋譜ファイル  ----
開始日時:2010/05/29 16:14:55
棋戦:レーティング対局室(早指し)
手合割:平手  
先手:hawk-kanpailager
後手:ko-mantengoku
手数----指手---------消費時間--
   1 7六歩(77)   ( 0:01/00:00:01)
   2 8四歩(83)   ( 0:02/00:00:02)
   3 6八銀(79)   ( 0:02/00:00:03)
   4 3四歩(33)   ( 0:04/00:00:06)
   5 6六歩(67)   ( 0:01/00:00:04)
   6 6二銀(71)   ( 0:01/00:00:07)

妹の同僚が結婚したり妹の友人が結婚したりして何かと出費がかさむ私は休日は家に篭って将棋でも指すしかない。

後手は△8四歩ときた。これは「なんでもいらっしゃい」という手で、これに対し先手は矢倉でも角換わりでも振り飛車でも好きな形を選ぶことができる。

▲6八銀で矢倉に。
矢倉は私が一番最初に覚えた将棋の戦法で愛着があるのだが、ネット将棋は振り飛車党だらけで先手番で矢倉に組ませてもらえることはあまりない。

   7 5六歩(57)   ( 0:02/00:00:06)
   8 5四歩(53)   ( 0:02/00:00:09)
   9 4八銀(39)   ( 0:01/00:00:07)
  10 4二銀(31)   ( 0:01/00:00:10)
  11 5八金右(49)   ( 0:02/00:00:09)
  12 5二金右(61)   ( 0:02/00:00:12)
  13 7八金(69)   ( 0:01/00:00:10)
  14 3三銀(42)   ( 0:05/00:00:17)
  15 7七銀(68)   ( 0:02/00:00:12)
  16 4四歩(43)   ( 0:03/00:00:20)
  17 6九玉(59)   ( 0:01/00:00:13)
  18 4三金(52)   ( 0:03/00:00:23)
  19 3六歩(37)   ( 0:03/00:00:16)

後手は3二金をなかなか決めず、早囲いにするつもりかもしれない。

  20 3二金(41)   ( 0:02/00:00:25)
  21 7九角(88)   ( 0:02/00:00:18)
  22 4一玉(51)   ( 0:02/00:00:27)
  23 6七金(58)   ( 0:02/00:00:20)
  24 3一角(22)   ( 0:02/00:00:29)
  25 3七銀(48)   ( 0:01/00:00:21)

△3二金と締めて普通の相矢倉に。先手は▲3七銀と出て攻勢の態度を決める。

  26 7四歩(73)   ( 0:04/00:00:33)
  27 3五歩(36)   ( 0:30/00:00:51)
  28 同 歩(34)   ( 0:07/00:00:40)
  29 同 角(79)   ( 0:02/00:00:53)
  30 6四角(31)   ( 0:03/00:00:43)
  31 4六角(35)   ( 0:05/00:00:58)
  32 3一玉(41)   ( 0:42/00:01:25)
  33 7九玉(69)   ( 0:06/00:01:04)

後手が6四角と覗いてこないので▲3五歩と積極的に動いていく。3筋の歩交換は先手に利が多い。

△6四角には▲4六角とぶつける。これに対し同角、同銀と進めれば先手の銀が手順に進んできて、後手の銀が立ち遅れている。

  34 2二玉(31)   ( 0:26/00:01:51)
  35 3六銀(37)   ( 0:13/00:01:17)
  36 3四歩打     ( 0:24/00:02:15)
  37 8八玉(79)   ( 0:09/00:01:26)

▲3六銀が好形。角頭を守りながら桂の道を開け、飛車先も軽い。

後手は△3四歩と打って傷を消しておくが、この歩を打ってくれるなら先手も▲8八玉と入城しておいて負ける気がしない。

後手は△2二玉のところでは4五歩、6八角、5三銀と盛り上がっていく指し方も考えられた。

  38 9四歩(93)   ( 0:25/00:02:40)
  39 2六歩(27)   ( 0:02/00:01:28)
  40 9五歩(94)   ( 0:21/00:03:01)
  41 2五歩(26)   ( 0:03/00:01:31)
  42 5三銀(62)   ( 0:26/00:03:27)
  43 3七桂(29)   ( 0:07/00:01:38)
  44 1四歩(13)   ( 0:15/00:03:42)
  45 1六歩(17)   ( 0:07/00:01:45)
  46 9二香(91)   ( 0:26/00:04:08)

後手は9筋を詰め、先手は2筋を伸ばしていく。

▲2五歩まで伸ばしたところで、先手の銀が2六にいればこれはBOU☆GINの形で、勝負の行方はわからないが先手の気合勝ちと言える。3六銀は形は良いが、チャラい。

後手は5三銀で専守防衛の構え。1筋を突き合い、香を浮いて角筋を避けておく。

  47 6四角(46)   ( 0:25/00:02:10)
  48 同 銀(53)   ( 0:25/00:04:33)
  49 4一角打     ( 0:07/00:02:17)
  50 6二飛(82)   ( 0:29/00:05:02)

戦機は熟している。

角を換え▲4一角と置いておくのが相矢倉の将棋ではよく出てくる手筋。6三角成は簡単に受かるので一見たいしたことがなさそうだが、じつはこの角が爆弾である。

  51 2四歩(25)   ( 0:03/00:02:20)
  52 同 銀(33)   ( 0:24/00:05:26)
  53 2五銀(36)   ( 0:22/00:02:42)
  54 同 銀(24)   ( 0:27/00:05:53)
  55 同 桂(37)   ( 0:03/00:02:45)

角を置いたら▲2四歩と玉頭から行く。角が2三の地点に利いてくるので受け間違うと一気の寄せを食らう。

同歩なら2五歩と合わせ、同歩、同桂と進めば先手の攻め駒が玉頭に集結する。3筋の歩を手持ちにすることで生じる攻め筋である。

後手は△同銀と応じるが▲2五銀とぶつけていく。

  56 3七角打     ( 0:27/00:06:20)
  57 2七飛(28)   ( 0:24/00:03:09)
  58 1九角成(37) ( 0:20/00:06:40)
  59 3三歩打     ( 0:02/00:03:11)
  60 同 桂(21)   ( 0:27/00:07:07)
  61 同 桂成(25) ( 0:24/00:03:35)
  62 同 金(32)   ( 0:27/00:07:34)
  63 2五桂打     ( 0:30/00:04:05)

△3七角と根元の飛車を攻めてきたが、ここは2四銀と打つなどして受けにまわるべきだったかもしれない。

△3七角には▲2七飛と当て返しておいて、香車は取られるが▲3三歩と打って攻めが続く。3筋の歩を切っておくと攻めが切れない。

▲3三歩は取る一手。3一金などとすると1三桂成、同香、2三飛成でたちまちキュウリになる。4二金寄も大同小異。金をかわすと4一の爆弾が起爆する仕組みになっている。

  64 3二金(33)   ( 0:28/00:08:02)
  65 5二銀打     ( 0:22/00:04:27)
  66 1八馬(19)   ( 0:27/00:08:29)
  67 4三銀成(52) ( 0:23/00:04:50)
  68 同 金(32)   ( 0:24/00:08:53)

▲5二銀と絡んでいく。攻めてはいるが駒は使い切ってしまったので続くかどうか。4二金引とかわされるとあまり自信はなかったが、後手は△1八馬。

▲4三銀成として勝ちを意識した。詰めろになっているので後手は飛車を取れない。

▲4三銀成に後手は△同金と応じたが、金がよいたので起爆する。

  69 1三桂成(25) ( 0:12/00:05:02)
  70 3三玉(22)   ( 0:30/00:09:23)
  71 2三飛成(27) ( 0:16/00:05:18)
  72 4二玉(33)   ( 0:04/00:09:27)
  73 3二龍(23)   ( 0:06/00:05:24)
  74 5三玉(42)   ( 0:10/00:09:37)
  75 5二金打     ( 0:03/00:05:27)
  76 投了         ( 0:00/00:09:37)
まで75手で先手の勝ち

勝ったが、勝つことが正義でないことを知り抜いている私はこの勝利をひどくむなしいものに感じたのである。

1218_eisei

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鬼ぶるべ

インターネットには鬼が棲んでいて、明日仕事があるにもかかわらず夜な夜なネット麻雀に興じているおっさんをみつけては、殺してしまう。

牌譜http://tenhou.net/0/?log=2010051522gm-000b-7465-x0c71164dcc30&tw=0

東1局、私とでに朗のおいさんは同じ聴牌で36ソーをめくり合ったが、先に3ソーを引き当てて好調を思わせるおいさんは次の日に仕事をひかえている。

南2局、ぶるべー君はそういうおっさんをみつけて、この日も殺した。

国士無双・鬼ぶるべ。32000点直撃で、勝負の跡には骨も残っていない。

おいさんはパソコンの電源を切るのも忘れて生気を吸い取られるようにして眠った。翌日、うっちゃりラジオが収録された。

ラジオhttp://www.mediafire.com/?tymwmtdznnm

動画版ひとりうっちゃり・うっちゃり三邪神(鬼ぶるべ・ペニ森・新人QP)

さてその日、スカイプを起動した私は私のタイタニックでしりこだまさんのクリ

http://kokosuunen.dyndns.org/vote/kifuplayer/kifs/0047.html

# ----  Kifu for Windows V6.24 棋譜ファイル  ----
開始日時:2010/05/21 21:49:50
棋戦:レーティング対局室
手合割:平手  
先手:bluevelvet
後手:hawk-kanpailager
手数----指手---------消費時間--
   1 7六歩(77)   ( 0:04/00:00:04)
   2 8四歩(83)   ( 0:01/00:00:01)
   3 7五歩(76)   ( 0:15/00:00:19)
   4 3四歩(33)   ( 0:04/00:00:05)
   5 6六歩(67)   ( 0:12/00:00:31)
   6 8五歩(84)   ( 0:06/00:00:11)
   7 7七角(88)   ( 0:02/00:00:33)
   8 4二玉(51)   ( 0:02/00:00:13)
   9 8八飛(28)   ( 0:04/00:00:37)

早石田を見せた鬼ぶるべ。見せたが、あえて飛車の態度を保留し△8五歩を突かせておいて向かい飛車にスイッチし、早くも序盤の鬼戦術を見せつけられた。

  10 3二玉(42)   ( 0:05/00:00:18)
  11 7八銀(79)   ( 0:02/00:00:39)
  12 6二銀(71)   ( 0:03/00:00:21)
  13 6七銀(78)   ( 0:06/00:00:45)
  14 5二金(61)   ( 0:02/00:00:23)
  15 7八金(69)   ( 0:08/00:00:53)
  16 6四歩(63)   ( 0:04/00:00:27)

ぶるべ君は▲7八金と急戦の態度を決め、私を殺そうとしている。

ならばと私も△6四歩と突き、決戦の覚悟を決めた。

  17 8六歩(87)   ( 0:05/00:00:58)
  18 同 歩(85)   ( 0:03/00:00:30)
  19 同 飛(88)   ( 0:01/00:00:59)
  20 8五歩打     ( 0:04/00:00:34)
  21 8八飛(86)   ( 0:02/00:01:01)
  22 6五歩(64)   ( 0:03/00:00:37)
  23 同 歩(66)   ( 0:36/00:01:37)
  24 8六歩(85)   ( 0:03/00:00:40)

角がぶつかったまま単に△8六歩と伸ばす。同角なら△8八角成。同飛なら△同飛▲同角△9九角成と香を掠め取って後手がいい。

  25 2二角成(77) ( 1:01/00:02:38)
  26 同 銀(31)   ( 0:05/00:00:45)
  27 8五歩打     ( 0:16/00:02:54)
  28 同 飛(82)   ( 0:21/00:01:06)
  29 7七桂(89)   ( 0:11/00:03:05)
  30 8七歩成(86) ( 1:06/00:02:12)
  31 同 金(78)   ( 1:05/00:04:10)
  32 8二飛(85)   ( 2:53/00:05:05)
  33 8三歩打     ( 1:38/00:05:48)
  34 同 飛(82)   ( 0:13/00:05:18)
  35 7六銀(67)   ( 1:20/00:07:08)
  36 8六歩打     ( 2:17/00:07:35)
  37 同 金(87)   ( 1:30/00:08:38)
  38 7九角打     ( 0:17/00:07:52)

このあたりはよくわからないが、△7九角が入って私は勝った気でいた。

  39 8七飛(88)   ( 1:01/00:09:39)
  40 5七角成(79) ( 0:26/00:08:18)
  41 4八金(49)   ( 1:45/00:11:24)
  42 7九馬(57)   ( 1:04/00:09:22)
  43 7二角打     ( 0:16/00:11:40)
  44 8四飛(83)   ( 0:19/00:09:41)
  45 4五角成(72) ( 0:50/00:12:30)

△5七角成。次に8六飛と金を取られると先手はたちまち窮する(同飛は6八金で詰んでしまう)ので、先手は▲4八金と馬をはじきながら玉の退路を得る。戦いながら自陣をまとめてしまうぶるべ君の鬼の呼吸である。

さらに、▲4五角成と好所に馬を得る。

  46 3三銀(22)   ( 1:00/00:10:41)
  47 7四歩(75)   ( 0:43/00:13:13)
  48 6八歩打     ( 1:10/00:11:51)
  49 8五金(86)   ( 1:16/00:14:29)
  50 6九馬(79)   ( 0:39/00:12:30)
  51 4九玉(59)   ( 0:05/00:14:34)
  52 8七馬(69)   ( 0:02/00:12:32)
  53 同 銀(76)   ( 0:15/00:14:49)
  54 7九飛打     ( 0:32/00:13:04)
  55 3八玉(49)   ( 0:20/00:15:09)
  56 7七飛成(79) ( 0:02/00:13:06)
  57 8四金(85)   ( 0:03/00:15:12)
  58 8七龍(77)   ( 0:02/00:13:08)

△3三銀と壁形を解消しておく。

私は△6八歩とと金攻めをみせてぶるべ君の玉を追うが、ぶるべ君は戦いながら玉を囲いに収めてしまい、鬼の試合運びである。

  59 8二飛打     ( 0:40/00:15:52)
  60 5四銀打     ( 1:06/00:14:14)
  61 4六馬(45)   ( 0:30/00:16:22)
  62 4四銀(33)   ( 0:11/00:14:25)
  63 8一飛成(82) ( 0:30/00:16:52)
  64 5一銀(62)   ( 0:34/00:14:59)
  65 7三歩成(74) ( 0:41/00:17:33)
  66 5五銀直(54)   ( 0:18/00:15:17)
  67 5七馬(46)   ( 0:44/00:18:17)
  68 6九歩成(68) ( 0:58/00:16:15)
  69 9六角打     ( 0:51/00:19:08)
  70 8八龍(87)   ( 0:24/00:16:39)
  71 6二と(73)   ( 0:51/00:19:59)
  72 4五桂打     ( 0:57/00:17:36)

△5四銀と打った手が感想戦では不評だった。私としては馬を追いながら上部を広げていくつもりだった。

△4五桂と打ったところでは勝てるのではないかと思っていたのだが。

  73 5二角成(96) ( 0:58/00:20:57)
  74 同 金(41)   ( 0:12/00:17:48)
  75 2四桂打     ( 0:55/00:21:52)
  76 同 歩(23)   ( 0:52/00:18:40)
  77 同 馬(57)   ( 0:02/00:21:54)
  78 4六桂打     ( 0:55/00:19:35)
  79 同 歩(47)   ( 0:51/00:22:45)
  80 5六角打     ( 0:56/00:20:31)
  81 4七桂打     ( 0:53/00:23:38)

▲2四桂が私がまったく見えていなかった手で、目標にしていた馬にまんまと逃げられたうえ、自玉もいっぺんに危なくされた。

それでも普通に2三歩と受けておけばまだチャンスはあったかもしれない。
△4六桂は逸った。△5六角に▲4七桂と合い駒されて続かない。

  82 3三銀(44)   ( 0:54/00:21:25)
  83 2三金打     ( 0:28/00:24:06)
  84 4二玉(32)   ( 0:55/00:22:20)
  85 5一と(62)   ( 0:51/00:24:57)
  86 同 金(52)   ( 0:30/00:22:50)
  87 7二龍(81)   ( 0:51/00:25:48)
  88 6二歩打     ( 0:53/00:23:43)
  89 3三金(23)   ( 0:51/00:26:39)
  90 同 桂(21)   ( 0:17/00:24:00)
  91 2二銀打     ( 0:32/00:27:11)
  92 4八龍(88)   ( 0:58/00:24:58)
  93 同 銀(39)   ( 0:10/00:27:21)
  94 4七角成(56) ( 0:25/00:25:23)
  95 同 銀(48)   ( 0:05/00:27:26)
  96 4八金打     ( 0:58/00:26:21)
  97 2八玉(38)   ( 0:15/00:27:41)
  98 2一桂打     ( 0:58/00:27:19)
  99 3一角打     ( 0:51/00:28:32)
100 3二玉(42)   ( 0:20/00:27:39)
101 6二龍(72)   ( 0:57/00:29:29)
102 5二金打     ( 0:19/00:27:58)
103 1三銀成(22) ( 0:59/00:30:28)
104 3一玉(32)   ( 0:57/00:28:55)
105 2二成銀(13) ( 0:31/00:30:59)
106 同 玉(31)   ( 0:55/00:29:50)
107 5二龍(62)   ( 0:05/00:31:04)
108 投了         ( 0:00/00:29:50)
まで107手で先手の勝ち

ぶるべー君は勝ったが、勝つことが正義でないことを知った今のぶるべ君は、この勝利をひどくむなしいものに感じたのである。

Da001189

| | コメント (5) | トラックバック (0)

CrystalKay-Bouginfriend

連休中、矢沢君が帰省しており彼と会った。

私は最近、市内に感じの良さそうな飲み屋をみつけて、そこはうるさすぎないし刺身もうまいのでその日はそこで飲みましょうと彼に提案したのだが、彼は難色を示した。

矢沢君は東京で勤めていらっしゃるので、いつもまずい魚ばかり食っている彼に気を利かせたつもりだったのだが。

私「こんな田舎じゃ飲みに行かなきゃエロミスくらいしか行くとこないですよ」

矢沢君「エロミスでええやろ」

私「お前、超オオカミじゃん」

さて、インターネットで出会って私はしりこだまさんに恋をしたのできりがないほどにチューしようとスカイプを起動したが彼女はおらず、私は泣いていると、ブルベー君もおらず、私は将棋でも指すしかない。

http://kokosuunen.dyndns.org/vote/kifuplayer/kifs/0046.html

# ----  Kifu for Windows V6.24 棋譜ファイル  ----
開始日時:2010/05/02 20:19:03
棋戦:レーティング対局室(早指し)
手合割:平手  
先手:ko-mantengoku
後手:hawk-kanpailager
手数----指手---------消費時間--
   1 7六歩(77)   ( 0:02/00:00:02)
   2 3四歩(33)   ( 0:03/00:00:03)
   3 2六歩(27)   ( 0:01/00:00:03)
   4 8四歩(83)   ( 0:01/00:00:04)
   5 2五歩(26)   ( 0:02/00:00:05)
   6 8五歩(84)   ( 0:01/00:00:05)
   7 7八金(69)   ( 0:01/00:00:06)
   8 3二金(41)   ( 0:02/00:00:07)
   9 2四歩(25)   ( 0:01/00:00:07)
  10 同 歩(23)   ( 0:01/00:00:08)
  11 同 飛(28)   ( 0:01/00:00:08)

さて、50分コースを選択した矢沢君は40分コースを選択した私のほうのプレイが終了したことを告げるタイマーが鳴る頃にはすでにBOU☆GINを2回発射しカチャカチャとベルトを鳴らしてズボンを履いて退散しようとしているので、滅多なことでは驚かない私もこれには仰天したが、ここで矢沢君の2枚銀の話をしたところで喜ぶ人などいようはずがない。

そこで、将棋の話をする。

  12 8六歩(85)   ( 0:01/00:00:09)
  13 同 歩(87)   ( 0:01/00:00:09)
  14 同 飛(82)   ( 0:01/00:00:10)
  15 3四飛(24)   ( 0:01/00:00:10)
  16 3三角(22)   ( 0:01/00:00:11)
  17 3六飛(34)   ( 0:02/00:00:12)
  18 2二銀(31)   ( 0:01/00:00:12)
  19 8七歩打     ( 0:03/00:00:15)
  20 8五飛(86)   ( 0:01/00:00:13)
  21 2六飛(36)   ( 0:01/00:00:16)
  22 4一玉(51)   ( 0:02/00:00:15)

△8五飛戦法へ。最近はこればかり指している。

ここは先手の分岐点でいくつかの戦い方がある。

  23 4八銀(39)   ( 0:04/00:00:20)
  24 6二銀(71)   ( 0:02/00:00:17)
  25 1六歩(17)   ( 0:15/00:00:35)
  26 1四歩(13)   ( 0:05/00:00:22)
  27 3六歩(37)   ( 0:22/00:00:57)
  28 5一金(61)   ( 0:02/00:00:24)
  29 3七桂(29)   ( 0:07/00:01:04)

先手は新山崎流の布陣。居玉のまま攻勢を急ぐ先手の積極策である。

  30 8六歩打     ( 0:47/00:01:11)
  31 同 歩(87)   ( 0:08/00:01:12)
  32 同 飛(85)   ( 0:02/00:01:13)
  33 3五歩(36)   ( 0:03/00:01:15)

この辺りまでは定跡であるらしい。

  34 3六歩打     ( 0:26/00:01:39)
  35 3三角成(88) ( 0:28/00:01:43)
  36 同 桂(21)   ( 0:03/00:01:42)
  37 7七角打     ( 0:21/00:02:04)
  38 8九飛成(86) ( 0:24/00:02:06)
  39 4五桂(37)   ( 0:27/00:02:31)
  40 8六桂打     ( 0:24/00:02:30)
  41 同 角(77)   ( 0:21/00:02:52)
  42 同 龍(89)   ( 0:04/00:02:34)

△3六歩で定跡を離れる。プロの実戦をみるとここでは8五飛と引いていた。

  43 3三桂成(45) ( 0:03/00:02:55)
  44 同 銀(22)   ( 0:03/00:02:37)
  45 2一飛成(26) ( 0:10/00:03:05)
  46 3一金(32)   ( 0:08/00:02:45)
  47 1一龍(21)   ( 0:10/00:03:15)
  48 2二銀(33)   ( 0:03/00:02:48)
  49 1四龍(11)   ( 0:03/00:03:18)
  50 8九龍(86)   ( 0:25/00:03:13)
  51 2三歩打     ( 0:25/00:03:43)

あとはよくわからない。次回はぶるべー君がでに朗のおいさんに国士を当てた麻雀を元に麻雀の理を解明してゆく。

  52 8六桂打     ( 0:25/00:03:38)
  53 2二歩成(23) ( 0:23/00:04:06)
  54 7八桂成(86) ( 0:08/00:03:46)
  55 3一と(22)   ( 0:04/00:04:10)
  56 5二玉(41)   ( 0:04/00:03:50)
  57 1二龍(14)   ( 0:26/00:04:36)
  58 4二角打     ( 0:08/00:03:58)
  59 3九銀(48)   ( 0:28/00:05:04)
  60 7九龍(89)   ( 0:09/00:04:07)
  61 投了         ( 0:00/00:05:04)
まで60手で後手の勝ち

勝ったが、勝つことが正義でないということを知り抜いている私はこの勝利をひどくむなしいものに感じたのである。

20100317_saikai1thumb550x365

| | コメント (5) | トラックバック (0)

南風でBOU☆GIN

その日、私は車に乗っていて、信号待ちをしていると横に並んでいる車には夫婦が乗っていて、妻がハンドルを握っている。

そうすると、夫がティッシュをくるくると細長く丸めて妻の鼻を深くほじくってくしゃみをさせていたのである。妻は嫌がるふうでもなく喜んでいるわけでもない。夫もとくに悪びれた様子もなく、滅多なことでは驚かない私もこれには仰天して、

(いかれていやがる・・・)

と、怖くなってその車から離れると妹(チンピラのほう)から電話がかかってきた。

妹「おう、今日休みやろ。コーヒー買ってきて」

私「いいよ」

妹「カフェオレな」

ガラスの国に迷い込んだ私の心はしりこだまさんに見透かされているので、しりこだまさんをもっと愛をもっと欲しい私は声がもっと聞きたくてスカイプを起動したが彼女はおらず、私は泣いていると、ぶるべー君もおらず、私は将棋でも指すしかない。

http://kokosuunen.dyndns.org/vote/kifuplayer/kifs/0045.html

# ----  Kifu for Windows V6.24 棋譜ファイル  ----
開始日時:2010/04/24 20:57:50
棋戦:レーティング対局室(早指し)
手合割:平手  
先手:ko-mantengoku
後手:hawk-kanpailager
手数----指手---------消費時間--
   1 7六歩(77)   ( 0:04/00:00:04)
   2 3四歩(33)   ( 0:01/00:00:01)
   3 2六歩(27)   ( 0:02/00:00:06)
   4 8四歩(83)   ( 0:02/00:00:03)
   5 2五歩(26)   ( 0:02/00:00:08)
   6 8五歩(84)   ( 0:02/00:00:05)
   7 7八金(69)   ( 0:02/00:00:10)
   8 3二金(41)   ( 0:03/00:00:08)

私「買ってきたよ」

妹「おう、お疲れちゃん」

   9 2四歩(25)   ( 0:01/00:00:11)
  10 同 歩(23)   ( 0:01/00:00:09)
  11 同 飛(28)   ( 0:01/00:00:12)
  12 8六歩(85)   ( 0:02/00:00:11)
  13 同 歩(87)   ( 0:01/00:00:13)
  14 同 飛(82)   ( 0:02/00:00:13)
  15 3四飛(24)   ( 0:01/00:00:14)

本気で金が無くなった妹はパチスロはやめたようだが、今度は麻雀格闘倶楽部にハマってしまったようで、滅多なことでは驚かない私もこれを聞いたときは仰天した。

私「ネットでやりなさい。ハンゲでもできるんだから」

妹「いや、虎とかになりたいの」

  16 3三角(22)   ( 0:10/00:00:23)
  17 3六飛(34)   ( 0:02/00:00:16)
  18 2二銀(31)   ( 0:02/00:00:25)
  19 8七歩打     ( 0:03/00:00:19)
  20 8五飛(86)   ( 0:02/00:00:27)
  21 2六飛(36)   ( 0:01/00:00:20)
  22 4一玉(51)   ( 0:02/00:00:29)

妹は格闘倶楽部をするための金を要求してきた。仕方がないので私は妹に2000円だけ与えた。

さて、将棋は横歩取りになった。

  23 3八銀(39)   ( 0:03/00:00:23)
  24 6二銀(71)   ( 0:03/00:00:32)
  25 6八玉(59)   ( 0:02/00:00:25)
  26 5一金(61)   ( 0:03/00:00:35)
  27 3六歩(37)   ( 0:01/00:00:26)
  28 7四歩(73)   ( 0:03/00:00:38)
  29 3七桂(29)   ( 0:03/00:00:29)
  30 7三桂(81)   ( 0:03/00:00:41)

私は△8五飛車戦法を採用。これに対して先手はいくつかの手段が考えられるが▲6八玉型を選択。

▲6八玉型は△7五歩▲同歩△同飛や△8六歩の合わせのような飛車の捌きに強く攻撃に専念しやすいが、反面、中央が薄く後手の桂の跳躍には十分な注意が必要である。

  31 4六歩(47)   ( 0:01/00:00:30)
  32 5五飛(85)   ( 0:03/00:00:44)
  33 4五歩(46)   ( 0:04/00:00:34)
  34 5四飛(55)   ( 0:02/00:00:46)

先手は▲4六歩。この歩を突きやすいのも6八玉型の利点といえる。中住まいだと玉のコビンが開くかっこうになり気持ちが悪い。

そこで△5五飛と角の利きにすべり込むのがすごい手で、私は知らなければこんな手は一生指せなかったに決まっている。先手のウェークポイントの中央を狙った動きである。▲同角と取ると△同角▲8八銀△4四角という怖い筋がある。

そこで4四角を防いで▲4五歩と伸ばす。3、4筋の歩を自然に伸ばせる展開になれば先手が指しやすくなる。

  35 3五歩(36)   ( 0:07/00:00:41)
  36 6五桂(73)   ( 0:32/00:01:18)
  37 5八金(49)   ( 0:11/00:00:52)
  38 3六歩打     ( 0:11/00:01:29)
  39 同 飛(26)   ( 0:03/00:00:55)
  40 8八角成(33) ( 0:03/00:01:32)
  41 同 銀(79)   ( 0:01/00:00:56)
  42 3九角打     ( 0:14/00:01:46)

そこで先手は▲3五歩と伸ばしたが△6五桂の活用が玉を直接狙ってきて厳しい。ここではいったん6六歩と後手の桂の活用を阻むのが定跡とされる。

△6五桂を実現した後手は中央を狙って一気攻勢。

  43 6六角打     ( 0:27/00:01:23)
  44 2八角成(39) ( 0:15/00:02:01)
  45 2六飛(36)   ( 0:10/00:01:33)
  46 3八馬(28)   ( 0:18/00:02:19)
  47 2二角成(66) ( 0:08/00:01:41)
  48 同 金(32)   ( 0:02/00:02:21)
  49 同 飛成(26) ( 0:02/00:01:43)

角を打たせて△2八角成で楽勝と思っていたのだが、先手はこちらの手に乗って2筋をザックリ破ってきゅうりである。

  50 3二歩打     ( 0:27/00:02:48)
  51 2一龍(22)   ( 0:23/00:02:06)
  52 5二玉(41)   ( 0:03/00:02:51)
  53 4四歩(45)   ( 0:19/00:02:25)
  54 5九銀打     ( 0:27/00:03:18)

とりあえずは詰めろを防ぐ△3二歩。▲4四歩とキツイところに相手の歩が伸びてきた。私は怖くなって△5九銀と放るが。

  55 同 玉(68)   ( 0:25/00:02:50)
  56 5七桂成(65) ( 0:03/00:03:21)
  57 4三歩成(44) ( 0:05/00:02:55)
  58 6一玉(52)   ( 0:04/00:03:25)
  59 5一龍(21)   ( 0:24/00:03:19)
  60 同 銀(62)   ( 0:03/00:03:28)
  61 7三桂打     ( 0:23/00:03:42)
  62 7二玉(61)   ( 0:11/00:03:39)
  63 5七金(58)   ( 0:27/00:04:09)
  64 同 飛成(54) ( 0:06/00:03:45)
  65 投了         ( 0:00/00:04:09)
まで64手で後手の勝ち

よくわからないが勝利した私は、勝つことが正義ではないということを知り抜いているので、この勝利をひどくむなしいものに感じたのである。

20100317_saikai1thumb550x365

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«エロミスでBOU☆GIN